青森県青森市で活躍中の腰痛 の専門家「カイロプラクティック院・北山」の詳細ページ | 腰痛治療改善.COM
HOME > 青森県 > 青森市 > カイロプラクティック院・北山

腰痛治療改善登録数

3505 件掲載中
2017/03/28 22:49現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

愛知県名古屋市の腰痛治療改善

よつば鍼灸治療院・整体院さんを掲載しました。

東京都八王子市の腰痛治療改善

はり・きゅう大の樹治療院さんを掲載しました。

群馬県館林市の腰痛治療改善

あいさわ整骨院・はりきゅうマッサージ院さんを掲載しました。

東京都多摩市の腰痛治療改善

整骨院キュアさんを掲載しました。

大阪府四條畷市の腰痛治療改善

はなまる鍼灸整骨院さんを掲載しました。
更新情報

腰痛治療改善 モバイル
腰痛治療改善
モバイル版


カイロプラクティック院・北山

青森県 青森市の腰痛 、カイロプラクティック院・北山のイメージ画像 こんにちは、産後の骨盤矯正、ペアでのご来院が好評です。
当院は青森市の「生涯学習指導者」へ登録されております。
お子様からご老人まで安心してご来院できます。
また当院は、一般企業はじめ、幼稚園、小学校などで
健康講座を開催しており大変喜ばれております。
ぜひお気軽にお申し込みください。
【短命県返上キャンペーン】実施中!
屋号: カイロプラクティック院・北山
所在: 青森県青森市浜田玉川29-5 
診療内容 肩こり、腰痛、骨盤矯正、背中痛、頭痛、めまい、手・指のしびれ、冷え性、生理痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、膝痛、むくみ
診療料金など お一人3,500円
ペアお二人で6,000円
診察時間: 9時~19時
(不定休)
URL: http://aomori-chiro-kitayama.jimdo.com/
メール連絡: 担当院長 北山 典子にメールする
担当者: 院長 北山 典子
連絡先: 017-775-6980
※営業・勧誘電話はお断りします。
FAX: 017-775-6980
求人情報: 現在登録がありません
青森県 青森市の腰痛 、カイロプラクティック院・北山のイメージ画像2

青森県 青森市の腰痛 、カイロプラクティック院・北山のイメージ画像3



アクセス情報



教えて掲示板への回答

「ギックリ腰でしょうか。仕事中に、腰に違和感がありました」への回答 [2016年10月5日]


こんにちは おそらくぎっくり腰ですね! ぎっくり腰の原因で一番多いのは、筋肉疲労です。 一番の治療は「安静」ですが、そういうわけにはいかないですよね。 歩けないくらいの痛みではなさそうなので、まずはコルセットでしっかり 腰を締めましょう、湿布もOKです。 当院ではこういう患者さんは比較的多く、...続きを読む


「3年前に落下した時の背中の痛みが引かない」への回答 [2016年10月5日]


こんにちは 3年間辛い思いをして、大変ですね! 当院では施術のほか、運動療法・栄養療法・物理療法を奨めております。 この場合当院では物理療法(睡眠療法)をとり入れています。 つまり寝る環境を変えることです。 寝返りを促進し、脊椎を刺激することによって質の高い睡眠ができ、 こわばった身体も改善して...続きを読む


「背中を打った」への回答 [2016年8月9日]


2週間くらいで痛みが引いたとしたら、 肋骨には異常がないかと思われますが、心配なら きちんとMRIにて診断してもらったらいいと思います。 また背中を打ったことで骨盤の歪みを起こすことはありませんが、 その後の痛みによる姿勢の変化などにより、骨盤を歪ませることは あり得ますので、歪み調整なら、整...続きを読む


「ぎっくり腰になりました←初体験」への回答 [2016年7月9日]


まずは、アイシングです 少し動けるようになったら、 あお向けになりながら、両膝を立て軽く左右に倒すようにする ストレッチをお奨めいたします。 痛みがあるようでしたら、無理はしないでください。 ぎっくり腰の主な原因は、筋肉疲労です。 日々のストレッチ(軽い運動)も大事です。 歩けるようになっ...続きを読む


「ぎっくり腰になりました」への回答 [2016年6月24日]


こんにちは 筋肉疲労によるぎっくり腰は多いですね。 今回の場合の湿布は、冷湿布のほうが良いかと思います。 当院では、歩けるようならお客様の了解をもらって施術を きちんと行っております。 更にきついようですが、腰椎・骨盤に矯正を入れております。 歩けるような痛みなら、ほとんどの方は施術後普通に...続きを読む



ページの先端に戻る



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。