長時間立つと、腰が痛くなります。 | 腰痛治療改善.COM
HOME > 教えて掲示板 > 長時間立つと、腰が痛くなります。

腰痛治療改善登録数

3504 件掲載中
2017/03/25 09:03現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

東京都八王子市の腰痛治療改善

はり・きゅう大の樹治療院さんを掲載しました。

群馬県館林市の腰痛治療改善

あいさわ整骨院・はりきゅうマッサージ院さんを掲載しました。

東京都多摩市の腰痛治療改善

整骨院キュアさんを掲載しました。

大阪府四條畷市の腰痛治療改善

はなまる鍼灸整骨院さんを掲載しました。

大阪府吹田市の腰痛治療改善

physical conditioning center ACTさんを掲載しました。
更新情報

腰痛治療改善 モバイル
腰痛治療改善
モバイル版


質問

長時間立つと、腰が痛くなります。
困り度: ★★★★★
教えてNo.420 質問者:ekaro
都道府県名:佐賀県
10代後半 ・男性
投稿日時:
2016-12-01 18:13:19

長時間立ちっぱなしでいると、腰がものすごく痛くなります。

しばらく座るとおさまるのですが、座れない状況では前屈をしても、後ろに体をそっても、効いている感覚が全くせず、どうしたらいいのか悩んでいます。

このような時の対処法や根本からの改善策などがあれば教えていただきたいです。

また、この原因が何なのかも気になるので教えていただけると幸いです。



ちなみに、普段から慢性的に腰の痛みがあるわけではありません。

長時間立ちっぱなしでいた場合のみ痛くなります。



また、知人は体幹が悪いから腰痛が起こるのだと言っていますが、これは正しいのでしょうか?

もしも正しいのならば、簡単に一人でできる効果的なトレーニングなどがあると嬉しいです。








回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2016-12-01 20:58:14
回答者: ひふみ治療院(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

重心、重力線がずれているから背骨の弯曲が正しくなくなり、筋肉が歪むのです。正しい重力線に戻すには足の拇指で踏ん張る、蹴飛ばすことができているかがカギとなります。詳しいことはひふみ治療院のホームページをご覧下さい。

参考になった:0件

回答No:3
投稿日時:2016-12-02 08:43:37
回答者: 大阪梅田のポクポクマッサージ(タイ王国伝統木槌療法トークセン)(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

あなたが【どうやって】たっているか分かりません。

動画か画像を送ってください。

問い合わせはこちらです。
http://www.4leaf-chiro.com/category/1516296.html

参考になった:0件

回答No:4
投稿日時:2016-12-02 08:45:03
回答者: PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院(大阪府) 
自信度: ★★★★★

PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
長時間立つと、腰が痛くなりお悩みのようですね!

人の身体は立っている時には倒れないように「抗重力筋」(腹筋や背筋など)といって重力に対抗して立っている姿勢を保持するための筋肉が常に働いています。

また、人の背骨を横からみると、なめらかにS字曲線をえがいています。この背骨のカーブにより頭や上半身の重量が分散され、腰は大きな重量を支えずに済むようになっています。

日常生活で長時間、長期間の不良姿勢や同一姿勢、悪い癖は筋肉の過緊張を起こし、この筋肉群のバランスが崩れ、血流障害や神経が刺激されて痛みを感じたりします。

対策として
・できれば1時間に1回くらいは「足ふみ」など軽く身体を動かし筋肉の緊張をリセットする

・立った状態で足を肩幅くらいに開き背筋を伸ばし、全身の力を抜いて身体を左右にゆっくりと痛みのない範囲で上体を捻じる

・痛む場所、張っている場所を指先で軽く一定の圧を加えて足踏みする。また、は上体を左右に倒す
などを行うと効果的です。

できれば、これらの「自己療法体操」はしっかりと指導を受けてから行うことをお勧めします。
文章だけではキチンとしたやり方ができないためです。
どんな体操もちょっとしたコツがあります。
コツがつかめると効果は全然違ってきます。

●施術を受けるなら
おすすめは「無痛ゆらし療法」という療法で身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の痛みを効率よく解消していく療法です。心地よく眠くなるくらいのソフトな刺激で筋肉の緊張を高確率に改善してくれます。

からだをゆっくり心地よく揺らすことで筋肉の緊張を取り去る施術で、筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みや違和感などが減ります。また、日常生活における注意点や簡単に自宅で行える「自己療法体操」なども指導いたします。

(予約・お問い合わせ先)
〒594-0003 大阪府和泉市太町158-18
PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院
http://www.somei-seikotsuin.com/
TEL/FAX 0725-45-4321
各地の療法院紹介
http://www.pst-a.com/link.html#ginza

参考になった:0件

回答No:5
投稿日時:2016-12-02 11:01:22
回答者: 自律神経専門 東海カイロオステ院(愛知県) 
自信度: ★★★☆☆

腰痛の原因は色々あるのではっきり分かりませんが、
姿勢が悪いからだと思われます。

ヒトの背骨を横から見た時に、Sの字に弯曲していなければいけません。
この湾曲を生理弯曲といいます。
ヒトに必要な弯曲ですが、この弯曲がないと筋肉が緊張します。
これが腰痛の原因の一つです。
http://chirooste.com/article/detail.php/190/308153

参考になった:0件

回答No:6
投稿日時:2016-12-02 12:51:34
回答者: ハートランド整体院(福岡県) 
自信度: ★★★☆☆

骨盤が前に傾いて、身体のバランスをとるために、腰を反らせた状態で立っていると
腰の筋肉の硬直と結構不良で腰痛になることがあります。

骨盤が前に傾くのは、骨盤の前にある、大腰筋の緊張が考えられます。
大腰筋の緊張は、腰の骨からでている大腿神経の緊張が原因で、腰の骨の
矯正が有効です。


自分でできるものとして、大腰筋のストレッチがあります。
身体を横にして、足首をつかんで、後ろに(背中のほうに)もっていくようにすると
太ももの前面やおなかのなかが引っ張られるような感じがします。
30秒~1分、その状態をキープすると大こと筋が緩んできます。
痛いまで強くすると逆効果になりますので、気持ちいいぐらいでおこなってください。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。