坐骨神経痛と間欠性破行 | 腰痛治療改善.COM
HOME > 教えて掲示板 > 坐骨神経痛と間欠性破行

腰痛治療改善登録数

3505 件掲載中
2017/03/28 22:55現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

愛知県名古屋市の腰痛治療改善

よつば鍼灸治療院・整体院さんを掲載しました。

東京都八王子市の腰痛治療改善

はり・きゅう大の樹治療院さんを掲載しました。

群馬県館林市の腰痛治療改善

あいさわ整骨院・はりきゅうマッサージ院さんを掲載しました。

東京都多摩市の腰痛治療改善

整骨院キュアさんを掲載しました。

大阪府四條畷市の腰痛治療改善

はなまる鍼灸整骨院さんを掲載しました。
更新情報

腰痛治療改善 モバイル
腰痛治療改善
モバイル版


質問

坐骨神経痛と間欠性破行
困り度: ★★★★★
教えてNo.432 質問者:maby
都道府県名:山梨県
30代後半 ・男性
投稿日時:
2017-02-06 11:16:47

助けて下さい。38才、男性。肉体労働者。身長186cm
元々、腰痛持ちでレントゲンでは5-s1のヘルニアと言われていました。
ですが、重症になる事は無く生活していました。
今までは腰の付け根が痛かったのに、2か月くらい前から左仙骨に痛みが変わりました。
疼くような痛みが続き、コルセットや栄養剤を飲んでいましたが、1月中旬の仕事終わりに突然左足が動かなくなりました。歩くと右足に対して3分の1歩しか前に行きませんでした、
その後、整形外科に行き、再度レントゲン撮影、薬を貰い安静と。
ですがドンドン痛みが酷くなり、立つと左足全体が痛くて歩行困難(左足を引きずって歩く)になりました。
再度整形外科へ行き、仙骨ブロック注射をしましたが変わらず。
鍼治療にも3回程行くが多少の改善も無し。
その後、別の整形外科へ行き、仙骨ブロック注射をするが変わらず。
AKA療法も4回行いました。多少良くはなるが数日立つと元どおりに。
左仙骨の痛みがひどいので、梨状筋症候群のテストはして陽性の為、梨状筋症候群かと思い、梨状筋ブロック注射をしてもらったが変わらず。
MRIは過去に行おうとしましたが、閉所恐怖症とパニック症候群で出来ませんでした。

長々と申し訳ありません。

現状は、真っ直ぐ立てない、左仙骨周辺の痛み、腰から足先までの痛み(疼痛?)
座ると痛む。(円座クッションは痛むが便座は痛まない)
足先の痺れ有り。小指も同様。
歩行は間欠性破行の様で20歩位で痺れます。中腰で楽になります。

今後どうすればいいのでしょうか?

発症から3週間程になりますが、まだ安静にしていた方が良いのですか?手術しかないのですか?
左仙骨の痛みと体の歪みはどうすれば良いのでしょうか?
これから先、どうしていけば良いか分かりません。
早めに職場復帰をしたいのです。
みなさんの御返答をよろしくお願い致します。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2017-02-06 11:36:51
回答者: ひふみ治療院(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

まずヘルニアだけでなく脊柱管狭窄症になっていると思われます。そしてブロック注射を簡単に何度もするのは患部を悪化させるだけですよ。そしてまた以前から栄養ドリンク剤をたくさん飲んできたようですがそれがあなたにとってどれだけ悪影響をもたらしたかしれません。

参考になった:0件

回答No:2
投稿日時:2017-02-06 13:18:47
回答者: 横浜ヘルスケア(神奈川県) 
自信度: ★★★★★

痛みもひどくて大変そうですね。
椎間板ヘルニアが悪化すると痛みの場所が変化することがあります。
治療を受けないでほっといてすぐに治ることはないと思います。

当院では重症の椎間板ヘルニアの方も良くなっています。
先日も入院やブロック注射を経験したヘルニアの方が、
来院から1か月ちょっとで職場復帰されました。

もし通院できそうなら当院へお越しください。
中部地方であれば愛知県に本家もあります。
リンク集にも載せてあります。
横浜ヘルスケア(整体) 045-390-0360
http://yokohamahealthcare.com/

参考になった:0件

回答No:3
投稿日時:2017-02-06 13:50:22
回答者: 鵠沼海岸カイロプラクティック(神奈川県) 
自信度: ★★★★☆

大変おつらい状態だとご推測いたします。

実際にmaby さんのお体を診させていただいていないので
どこが症状の原因かは判りません。

ですがmaby さんの症状が「腰の付け根」から「左仙骨」へ変わり、
現状は「足先」まで広がっていることから、
現状の痛みは腰椎周辺に原因があるのではないかと
推測いたします。

なるべく早めに自費診療を行っている整体院・整骨院・カイロプラクティク院へ
行かれることをお勧めしますが、
必ず「腰だけではなく全身を丁寧に診てくれる」施術院を探してください。

現状の痛み・痺れの原因は腰椎周辺にあったとしても、
その腰を現状まで悪化させた本当の原因は、例えば足首や膝や
あるいは肩などと、体の別の場所にあることが多いからです。

腰椎周辺だけ治療して終わるのではなく、
ここまでチェックして、本当の原因を探して
その場所も治療しないと、症状がすぐに
元に戻ってしまったり、治らなかったりすることになります。

お客様や患者様の喜びの声などを、施術院のホームページ等で
調べて、どうぞ良い施術院をお探しになってください。

参考になった:0件

回答No:4
投稿日時:2017-02-07 09:44:31
回答者: PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院(大阪府) 
自信度: ★★★★★

PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
坐骨神経痛と間欠性破行でお悩みのようですね!

「ヘルニア」と診断されたようですが、脊柱管も狭くなっているような症状がでていますね。
いずれにせよ、腰背部~骨盤周辺部の筋肉が異常緊張しているようです。

また、身体は筋膜でつながっているのでそれ以外でも影響がでている可能性もあるのでその辺からのアプローチも必要になってくるかと思われます。

身体全体をみて施術すると意外と回復が早いかもしれません。

●施術を受けるなら
おすすめは「無痛ゆらし療法」という療法で身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の痛みを効率よく解消していく療法です。心地よく眠くなるくらいのソフトな刺激で筋肉の緊張を高確率に改善してくれます。

からだをゆっくり心地よく揺らすことで筋肉の緊張を取り去る施術で、筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みや違和感などが減ります。また、日常生活における注意点や簡単に自宅で行える「自己療法体操」なども指導いたします。

(予約・お問い合わせ先)
〒594-0003 大阪府和泉市太町158-18
PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院
http://www.somei-seikotsuin.com/
TEL/FAX 0725-45-4321
各地の療法院紹介
http://www.pst-a.com/link.html#ginza

参考になった:0件

回答No:5
投稿日時:2017-02-08 11:08:47
回答者: 大崎養生所(新潟県) 
自信度: ★★★☆☆

毎日の体の使い方の積み重ねが、
今の症状を引き起こしています。

改善する為には、
体の何気ない動きを心掛ける事で、
症状を治していく事が出来ます。

椅子に掛けて行う、
足の筋肉の力を取り戻す方法があります。

自然良能運動

http://blogs.yahoo.co.jp/ohsaki333/MYBLOG/yblog.html

参考になった:0件

回答No:6
投稿日時:2017-02-11 17:38:28
回答者: 小田手技治療院(北海道) 
自信度: ★★★☆☆

若いですし仕事もしなければならずお辛いこととお察しします。
元々腰痛持ちとのことですから傷んだまま生活し続けていた
ものと思われます。それに更に無理が加わり傷んだのではな
いかと思います。多くは腰椎の何れかが僅かにズレて神経を
圧迫し神経痛を起こしたものと推察します。本来は痛みを止め
るだけでなく傷んだ箇所を治す必要があります。
文面から拝察する限りでは中腰でいると楽になるとのことです
から左右のズレばかりではなく後方にもズレて丁度腰が曲がっ
た様になったのではないかと思います。普段から中腰での作
業が仕事が多いのではないでしょうか?
取り敢えず仰向けに寝て枕等を腰の下に入れ数分過ごして
みてください。あまり痛いようなら短い時間にしてください。
以前から傷んだ状況ですとご自身での改善は難しいかも知れ
ません。ズレを見つけて治してくださる方を出会えると良いの
ですが・・・山梨から北海道へは少し遠いですから。以前ニュ
ージーランドでギックリ腰になりお出で頂いた方はいらっしゃ
いますが。
何れにしても腰椎のズレが治れば神経痛は治まります。
今のうちにしっかり治すことができれば元の生活に戻ることは
出来るはずです。治せる方を諦めずに捜してみてください。
私で良ければ相談に乗せて頂きます。
一日も早いご回復をお祈りします。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。