教えて掲示板の質問

「腰、尻、大腿部の痛み」に関する質問

  • 受付終了

クマ吉さん

2日前の夕方から、腰の右側が痛み出しました。
特に、思い当たることもなかったので、疲れかと思い
就寝しました。

翌朝になり、腰から尻、大腿部に、痛みが広がり、立ち上がるり、歩くのに支障が出る程になりました。
整形外科にて、診察しましたが、骨等に異常はなく、痛み止とシップが出て様子見となりました。

そのご、改善が見られない状況です。
整形外科では、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛ではないと言われていますが、仕事にも支障が、あります。
どの様な対応をしたら良いでしょうか?
宜しくお願いします。

違反報告

2012年5月3日 03時56分

教えて掲示板の回答

再生館

特に、思い当たることもなかったのに、坐骨神経痛の痛みが出ることはよくあることです。
自分では気付かない程度のお腹の冷えや突っ張り感、がヘルニアや腰痛の原因になることがあります。
少しずつの冷えや緊張が腰椎や骨盤をずらせてしまったかもしれません。
取りあえずはお腹を十分に温めてお腹を触って、ゆっくりとおへその周りを押してみてください、
痛かったり、コリやシコリがあるかもしれません。
お近くの治療院で治療を受けてください。お腹のこともお伝えください。元気になられることをお祈り致します。

違反報告

2012年5月9日 10時04分


おれんじ鍼灸整骨院大阪

>質問者様はすでに、整形外科医院において、診断を受けておられるようなので、
その医師の診断をふまえたうえでのアドバイスをさせてもらうとすれば、筋性の可能性があります。

>筋肉の状態が悪くなれば血液の循環も悪くなる可能性もあり、痛み物質も産生されやすくなります。そのことで、神経にも影響があると思われます。

>お風呂に入られて温もられた後に患部に痛みがなく、心地よい、楽になるのであれば冷えている可能性が高く、患部を冷やさないようにしてください。

>身体が温まった後にストレッチをされるとよいでしょう。

>お近くの鍼灸院やあん摩・マッサージ・指圧院での施療を受けられるのも効果は高いと思われます。


お大事にしてください。

違反報告

2012年5月8日 17時23分


渡辺指圧院

漢方的な診断でいうと、経絡の中の「膀胱経」または「胆経」の障害ではないかと思われます。

聞き慣れない言葉かもしれないので、「腰痛 膀胱経」とか「腰痛 胆経」、「腰痛 腎」などの検索ワードを入力して調べてみて下さい。

骨など、器質的な障害がない痛みなどの原因によくなります… たとえ器質的障害があっても、経絡を整えることで、生活に支障をきたさないまで回復することは可能だと思いますが…

東洋医学をベースに治療している、指圧・鍼灸院に行っていただくと良いと思います。

違反報告

2012年5月8日 16時54分


PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院

初めましてPST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。

腰、尻、大腿部の痛みで悩みお困りのようですね!

痛みの原因が特に思い当たらない場合の大半は日常の生活習慣により不良姿勢・運動不足・過労・食生活・寝不足・ストレスなどにより身体の筋肉バランスが崩れ、筋肉の過緊張が起こり痛みが出ることが多くみられます。

身体の痛みや不調は必ずあなたの日常生活の中に潜んでいます。
不良姿勢・運動不足・過労・食生活・寝不足など日常の生活習慣から改善していかなければ根本的な根治には至らないと考えます

●改善策として施術を受けるなら
脳が痛みのため自己防衛反応により筋肉の過緊張のまま認識している状態なので、先ず全身の歪み・筋肉の過緊張部分などをチェックしたうえでやさしい刺激で筋肉の過緊張を緩める施術がポイントとなります。

人間の身体は非常にデリケートで痛みに対して敏感でマッサージや揉んだりすることは過剰反応として脳がキャッチして緊張を解すどころか逆に緊張が残ってしまいます。

したがってお勧め治療法としてPST(無痛ゆらし療法)という身体に一切の負担・痛みを与えず、身体の痛みや苦痛を効率よく解消していく療法があります。

●是非、一度PST(無痛ゆらし療法)を受けられることをお勧め致します。
ホームページ http://www.pst-a.com/link.html から最寄りの治療院を確認してご相談ください。
PST(無痛ゆらし療法)で検索すると各地の治療院がわかります。

●自己療法として
ストレッチングを痛みのない範囲で心地よくつっぱり感を感じる程度に行ないます。できれば一度PST(無痛ゆらし療法)で指導を受けることをお勧め致します

また、1日のうち可能な限りお風呂に入るとよいでしょう。
身体全身を41度~43度くらいのやや熱めのお湯に5分~15分くらい浸かることで自然回復力・免疫力をアップさせることができます。

違反報告

2012年5月8日 16時47分


大阪オステオパシーセンター

お困りのご様子、お察し申し上げます。

さて、文章から推察するに、
おそらく、腰椎の椎間関節に
病変があると思います。

お近くの、オステオパシー治療院を
受診なさってください。
すぐに、楽になります。
ただ、炎症がのこるので、治療後も
数日痛みが残ります。

大丈夫ですよ。

違反報告

2012年5月8日 16時45分


整体院楽ちん堂

大変でしたね。
診てみないと何とも言えませんが。
しびれはありますか?
ヘルニアだと片足にしびれが出ます。
自己回復で対応は難しく文章でお答えするのは危険です。
今すぐにでも、お近くの整体(リセット療法)へ
行くことをお勧めします。
施術と自己回復ストレッチを指導してもらえますよ。
予防法や立腰等も教えてもらえますよ。

違反報告

2012年5月8日 16時08分


腰痛119番《身体調整法研究所》

クマ吉さま
年齢の記載がないので推定になりますが、お名前からすると年配の方とお見受けします。腰の右側に痛みが出て、特に思い当たる原因も考えられないとのこと。翌朝、痛みが尻から大腿部にかけて広がって、歩くのに支障が出た。
これは間違いなく坐骨神経痛です。この所の陽気の悪さが原因で身体を冷やしたために発症したのでしょう。坐骨神経痛の痛みというものは、“此処に血行障害があるよ”とカラダが教えてくれているのですから、痛み止めなど飲んでその知らせを遮断するのは、せっかくの知らせを無にするものです。
治療法は、ともかく腰を温めること。この季節になるとつい油断してズボン下を穿かなくなったりするのですが、そのために腰を冷やすと坐骨神経痛の痛みが出るのです。積極的には、右の尻の窪む所(仙腸関節部)に久光製薬が発売している「温熱用具・直貼り」を貼って(被れ症の人は下着の上からでよい)、その上に骨盤ベルト(無ければさらし木綿でも可)を巻いて保温する。もう一つの方法は、尻の窪む所をジェット・バスの強いやつで刺激してやること。これで血行をうながしてやれば、痛みは軽快して行きます。お医者さんのシップは使わない方が宜しいと思います。
以上は当座の処置ですが、坐骨神経痛のそもそもの原因は運動不足です。日頃から歩く習慣をつけて身体を動かしてやれば、坐骨神経痛は克服出来ます。腰痛直しの隠居

違反報告

2012年5月8日 15時33分


針灸整骨院カイロ整体をしています。

カイロプラクティックの治療を受けて下さい。

カイロプラクティックは背骨骨盤のズレを矯正します。

補足的に、針治療、微弱電流固定治療、テーピング、コルセット等を受けて下さい。

姿勢、筋力トレーニングは指導を受けて下さい。

違反報告

2012年5月8日 14時26分


バランス研究所(ケアサロン 橋本)

今回のあなた様のご相談内容を拝見しますにはほぼ坐骨神経痛だと考えます。
病院での診断は医師の診断ですので安易に否定はできないのかもしれませんが、
レントゲン検査ではご存知のとおり骨の状態を検査するわけですが、
骨に異常が無いから坐骨神経痛ではないとは言えないと私は考えています。
 
神経痛は文字通り神経の緊張のための症状であり、
必ずしも腰椎などの骨の状況とは限らないからです。
背中、腰部、臀部、大腿部などの筋肉の異常な緊張から血管、神経を圧迫することからの痛みは普通に想定できるからです。
 
という理由から、まずは鍼灸&マッサージの可能な治療院に相談されることをお勧めします。

違反報告

2012年5月8日 14時06分


整形外科など病院でとくに診断をつけられなかった腰痛は、「非特異性腰痛」といいまして、多くの場合は2週間ほどで改善する腰痛です。しばらく様子を見られてもよいのですが、痛みを早く和らげたいということであれば、カイロプラクティックをお奨めします。

カイロプラクティックは、急性腰痛に対して一定の効果が認められ、世界各国の医療ガイドラインなどで急性腰痛の治療の1つに挙げられています。

お近くで国際基準の教育期間を卒業したカイロプラクティックの先生を捜してみてはいかがでしょうか。

以上、簡単ですが回答とさせていただきます。
もしさらなるご質問ございましたら、遠慮なく下記まで御連絡ください。
それでは失礼いたします。

ウイケアカイロプラクティック
神奈川県藤沢市藤沢545-69
電話 0466-25-4999
http://wecareweb.net/

違反報告

2012年5月8日 14時06分


吉祥寺整体メディカルアース地球屋

はじめまして。
症状から予測すると、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。
それにより坐骨神経痛が出ているのだと思います。
レントゲンではヘルニアは写らないので心配であれば、まずは病院でMRIを撮ると良いと思います。
日頃の疲れや悪い姿勢などの蓄積により、症状が出てしまったと思います。
筋肉の調整や骨格の歪みを診てくれる、整体、カイロプラクティック等の治療院に早く行くべきです。
普段気をつけなければいけないのは、長時間の同姿勢や冷えは症状を悪化させます。くれぐれも自己判断でストレッチや運動をしないようにしてください。専門家に診てもらい、適切なアドバイスを貰ってください。

違反報告

2012年5月8日 13時57分


むさしの鍼灸院

症状からして判断いたしますと、筋筋膜炎(ぎっくり腰)により坐骨神経を狭窄され、仙腸関節痛、大腿後面、内面痛が出ているか、中殿筋、梨状筋の炎症による腰痛、大腿痛、膝奥痛が誘発されているのかと思います。いずれも整形外科のレントゲン等では確認できません。原因となる部位を捜し出し、適切な治療をすれば解決いたします。現代医学的なトリガーポイント鍼療法を取り入れている鍼灸院でしたら、すぐに緩和、解決すると思います。ご近所の鍼灸院にてご確認の上、ご利用ください。

違反報告

2012年5月8日 13時50分


街のカイロプラクティックセンター池ノ上/下北沢院

椎間板の「内障」からくる痛みの遠位化です。腰を曲げないように、でも人間は曲げてしまうので自然のタカチに戻してあげることが大切ですが・・腰痛の本「腰痛は逆にのけぞり腹ばいするだけで気持ちよく治せる」(主婦の友社)をどこかの本屋で立ち読みでもしてください。

違反報告

2012年5月8日 13時49分