教えて掲示板の質問

「腰からの痛み」に関する質問

  • 受付終了

kazukiさん

左の腰が痛くて整形外科を受診したら骨に異常無しと診断されました。
ですが、左のお尻、太腿から足首までに違和感・痛みがあります。

骨に異常は無くても腰から左脚が痛むということはあるのでしょうか?
ただの使い過ぎでしょうか?

週に4〜5回空手をやっていて、歳は17です。

左肩から左手も痛み・違和感があります。

ここ最近、左に体をひねりながら右手で突きを突くという運動を続けていました。
足も左足を前に出し、右足を後ろに引くような大勢でした。

整骨院には、一週間ほどかよっています。
痛みに余り変化はありません。ストレッチはまいにちやっています。

どうすれば痛みは無くなるでしょうか?

違反報告

2012年9月19日 00時14分

教えて掲示板の回答

大崎養生所

症状がある以上、体の何所かに問題があると思われます。
毎日の体の動かし方の積み重ねが、
今の症状を引起しています。

体の動かし方には、体を元気にする動かし方と、
体に症状を引起す動かし方があります。

例えば、競技場のトラックは左に回る様に走りますが、
右に回る様に走ると、走り難く、良い記録も出ない事が、
確かめられています。

この様に、体には必要な動かし方があります。

最近の体の動かし方から、
左に体をひねる・・・基本的に良い動かし方になります。
     右手で突きを突く・・・良くありません。
     左足が前で右足が後ろ・・・基本的に良い動かし方になります。

空手を続ける為には、
動きの中には、体に負担を掛ける動きが含まれていますから、
常に体を元に戻す動きをする事が必要になります。

運動法を宜しければお試し下さい。
自然良能運動と言います。
http://www.nct9.ne.jp/ohsaki/000g.html

違反報告

2012年9月20日 11時12分


黄鈴(きりん)整骨院

ご質問ありがとうございます。

文章から判断するしかないので、やや大まかな返答ですが
参考にして下さい。

・症状の範囲が広い事から、何かの反復動作で筋肉・腱に
 炎症が起きていると考えられ、年齢的にスポーツが原因
 の可能性が高いです。

・神経は、上から下に向かっているので、坐骨神経痛のように
 腰が原因で脚が痛くなる場合と、
 腰も、脚も同時に痛めている場合があります。

・すでに、受診しているようですので、よくアドバイスを受けて
 治療してください。練習は控えて、安静にするよう言われて
 いるはずです。必要なら固定をする事もあると思いますし、
 治るまでの期間も個人差があり、診てくれる人に聞くのが
 一番です。

違反報告

2012年9月20日 09時25分


PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院

初めましてPST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
腰痛で悩みお困りのようですね!

激しいスポーツ活動を行なっている人に多く見られる事があります。
ウォームアップ(準備運動)やクールダウン(整理運動)をしっかり行なっていてもそれを上回るスポーツ活動を行なっていると筋肉の過緊張がおこり、回復力の旺盛な若者でも自己回復力が追いつかず、疲労困憊となり腰痛や負傷の原因となり得ます。

●自己療法として
夏場はシャワーで済ませてしまうことが多いようですが、それでは身体の筋肉の緊張や疲労はなかなかとれません。1日のうち可能な限りお風呂に入ることをおすすめします。

身体全身を41度~43度くらいのやや熱めのお湯に5分~15分くらい浸かることで自然回復力・免疫力をアップさせることができます。但し、我慢して入るのはよくないので自分が心地よく感じる程度にしておきましょう。

・うつ伏せで腰を痛みがない程度にゆっくりと左右ゆらす
・足首をまわす
・仰向けでゆっくりと痛みがない程度に膝を曲げて左右にゆっくりとたおす
・立った状態で左右に腕を振りながら身体全体をゆっくりと痛みのない範囲でひねる  など

ポイントは身体の筋肉の過緊張をゆるめることです。

その手段の1つとしてPST(無痛ゆらし療法)という療法があります。
身体に一切の負担・痛みを与えず、身体の痛みや苦痛を効率よく解消していくやさしい療法で様々な症状に施術効果をあげています。

痛みをかばっていると自己防衛反応が働きさらに筋肉の過緊張がおこるので、施術ポイントは腰背部から骨盤周辺部~下肢に筋肉の過緊張をゆるめてきます。

人間の身体は非常にデリケートで痛みに対して敏感でマッサージや揉んだりすることは過剰反応として脳がキャッチして緊張を解すどころか逆に緊張が残ってしまいます。

●一度PST(無痛ゆらし療法)を受けられるのもよいと思います。
きっと良い結果が得られると思います。
また、自己療法体操の指導も受けることが出来ます。

ホームページ http://www.pst-a.com/link.html から最寄りの治療院を確認してご相談ください。
PST(無痛ゆらし療法)で検索すると各地の治療院がわかります。

違反報告

2012年9月20日 08時31分


天美ふれあい整体院

まず考えられる原因は、空手での筋肉疲労と使いすぎが考えられます。あとは無理な態勢での運動も関節痛や筋肉疲労を起こしやすくします。

一番は空手の練習を控えるのがいいですが、早く良くなりたい場合は近くの信頼できる整体院もしくはカイロプラクティック院に行かれてみてはいかがですか?

そこでストレッチ方法や運動方法を聞くのもいいと思いますよ。

違反報告

2012年9月19日 22時54分


柴田カイロプラクティック

ご不安ですね。

現在の症状は、ヘルニア等を含めた整形外科など医師由来の原因が全て排除されているとしましたら、カイロ的には、骨盤や背骨の関節の不具合から来る神経支配の混乱(神経症状)が考えられます。

当然、他の先生方がおっしゃるような筋組織の過労やアクシデントも考慮すべきでしょうが、判りやすく筋組織や靭帯・腱などの柔部組織を傷めたのでしたら、整形か接骨院で指摘されていることでしょう。

それらの組織に問題が無い場合、
背骨や骨盤の関節が固着(固くて動きにくい、または動かない)を生じて神経症状を呈していることが考えられます。

背骨や仙骨は、関節自体が脊髄から身体各所へ連絡する神経線維の出入口を形成しております。
そのため、関節が固着しますと固着によって圧迫された神経が神経混乱を生じます。(神経伝達は電気信号なので、通信障害が生じたような状態です)
神経混乱を生じた神経は、その支配域(今回の場合は、感覚の知覚神経障害と筋肉を動かす運動神経の障害)に不具合を引き起こします。

簡単にいえば、偏った疲労蓄積やアクシデント(組手など)によって、ご本人があまり気がつかないうちに、睡眠やストレッチなどでは解消しきれないような硬さ(固着=固くて動かない)が生じてしまって、その影響で神経の働きが上手くいかなくなったということです。

ひとつ試していただきたいことがあります。
腰の前側に有る、いわゆる腰骨(上前腸骨棘じょうぜんちょうこつきょく)がしっかり覆えるような位置で、幅が狭く伸縮性のある骨盤ベルトをしっかり巻いてみてください。
その状態で症状が軽減もしくは消失するようでしたら、骨盤の後ろ側の関節(仙腸関節せんちょうかんせつ)が歪んだり固くなったり離れたりと言った骨盤の不具合からの坐骨神経の症状です。

骨盤に詳しい(出来れば仙骨にも詳しい)カイロの先生が改善を助けてくれることでしょう。

背骨の歪み=関節の固着や全体的なひずみは、毎日の疲労蓄積でも容易に生じ得ます。
全てのカイロが、とは言いませんが、関節の固着を解消するためにはカイロの施術はとても効果的です。

違反報告

2012年9月19日 22時40分


木村均整院

腰痛を訴える人のほとんどが骨に異常がありません。私も以前に剛柔流の空手をやっていましたが、よく腰痛に悩まされました。その時は無理したせいで筋肉が炎症を起こしていたと思われます。

17歳という年齢から身体がまだ出来ていないのに筋肉に負荷を掛けすぎているのが原因と思います。また、身体の歪みも原因の1つかもしれません。空手の稽古を少し休むと改善するかもしれません。身体の歪みを整てくれる整体院等に行かれると良いかもしれません。または整形外科の先生に相談されてみてはいかがでしょうか。

違反報告

2012年9月19日 18時26分


田中スポーツ医学研究所

骨に異常がないとのことであれば、筋肉の問題でしょう。いわゆる使い過ぎです。疲労と回復のバランスを取りましょう。トレーニングは体を作るのではなく、壊すものであることを認識しましょう。

違反報告

2012年9月19日 17時44分


田修中国健康整体センター

この前の方と同じですね?左腕の痛みが増えたようですね。骨に異常がなかったら筋肉の使い過ぎによる痛みです。左右どちらかの腰が痛む場合は、まず筋肉が原因で間違いないです。腰から足首にかけてほぐせば治ります。電気治療ではほぐれません。そういう方を何人も診てきましたから解ります。ほぐせばすぐに痛みは消えます。ほぐしてもらっても痛みが消えないなら、ほぐし方が悪いのです。腕の方も同じです。引きを意識して左腕に力が入ったのでしょう。それもほぐせばすぐに違和感は消えます。1週間通って改善しないなら、痛みが消えるところに行きましょう。前にも言ったように中国整体に行けば痛みは消えます。

違反報告

2012年9月19日 17時17分


松原市リラクゼーション整体

お辛いこととぞんじます。私も長年武術をしていましたが、エネルギーを
中心に集めるトレーニングというのがあります。動作はシンプルで
両手を息を吸いながらうえにあげ、吐きながらみぞおちまでゆっくりと意識が中心にいくように両手をもっていく動作だけです。体全体のエネルギーが中心にしぼられている感じです。体重も左右均等にかけ続けていく練習など。
骨盤にゆがみがあると蹴りにも影響といいますか、くせがついてしまいます。
空手の先生に腰がいたいことを告げて、体幹チェックしてもらったらよいと思います。

人間は疲労するとエネルギーが外側に逃げていきます。
突くときは引く力を利用します。蹴る時は片方はすこししゃがむような感じです。
前屈だけでなく、正座したままゆっくりと後ろにねると腰がゆるみます。
最後に空手は肩甲骨の可動性が非常に重要になるので、腕を背中に回して
無理せずにゆらすとほぐれます。とにかくお大事になさってください。


違反報告

2012年9月19日 16時52分


十常カイロプラクティック

骨に異常は無くても腰から左脚が痛むということはあるのでしょうか?

とのことですが、回答から・・ありますよー。

成長期に、過酷な運動で筋・骨格のバランスを崩して、なることは多々あるようですネ。

特に、練じりを入れての運動は成長期の筋肉を酷使し傷めるでしょうね。

筋肉と骨格のバランスと、歪みの確認を診てもらえるカイロ院へ行かれることをお薦めします。

空手もいいですが、少し筋肉を休めて痛みをとってから頑張りましょう。

お大事になさってください。

違反報告

2012年9月19日 14時50分


鈴蘭台カイロプラクティック

骨に異常が無いとは、骨折・ヒビ・脱臼・癌等の腫瘍が、画像上からは見当たりませんとの事。
あくまでも『骨』に異常が無いとの事であり、その他の考えられる原因は含まれておりません。
骨に異常が無いと言われた患者さんは、関節の歪みや硬化、筋肉の過緊張等が原因である場合が多くあります。
カイロプラクティックを実践する者として、一度カイロプラクティックへご相談されてみるのも良いかと思います。

違反報告

2012年9月19日 14時42分


17歳でこのような状態はお気の毒ですね。


>左の腰が痛くて整形外科を受診したら骨に異常無しと診断されました。
ですが、左のお尻、太腿から足首までに違和感・痛みがあります。
骨に異常は無くても腰から左脚が痛むということはあるのでしょうか?
ただの使い過ぎでしょうか?

多いにあります。
使い過ぎを疑う理由はなんでしょう?

>週に4〜5回空手をやっていて、歳は17です。

>左肩から左手も痛み・違和感があります。

なぜ左ばかりなのか?
脳神経外科でまず調べてもらった方がいいと思いますよ。



整骨院には、一週間ほどかよっています。
痛みに余り変化はありません。ストレッチはまいにちやっています。

どうすれば痛みは無くなるでしょうか?

この文章では原因が特定しづらいので、
病院で検査して、その結果を基に地元でも評判の高い施術院にいかれる事をオススメします。

違反報告

2012年9月19日 14時03分


喜多方整体院

こんにちは。私は空手有段者で二十代の頃は大会にむけて毎日、練習していました。その経験からですが「左前屈立ち」の姿勢で練習していたのでしょうか?痛む場所から考えると、筋肉の使い過ぎから緊張が取れず、お尻と太股が硬くなると背中も筋肉痛になります。痛みが和らぐまで練習もストレッチも休んだ方が良いでしょう。良くなったら筋トレして足腰の筋肉をつけると良いと思います。焦らず頑張って下さい。

違反報告

2012年9月19日 14時01分


半田市の桜門鍼灸院

この症状は電気鍼をどこか鍼灸院で受けられたらいかがでしょうか?


桜門鍼灸院
http://www.sakuramon.net

違反報告

2012年9月19日 13時56分