教えて掲示板の質問

「何をしたら良いか・・・」に関する質問

  • 受付終了

ダヴィンチさん

12年前の12月に初めてぎっくり腰をやりました。整形外科でMRIを撮り「腰椎が6個あって5番6番の間に初期のヘルニアがある。手術すれば治る」といわれました。その前に出来ることを探り、カイロに2年通いましたが、その間にもぎっくり腰をやりました(2年続けて12月に)。他の受診歴はマッサージ、針治療、AKA(半年)、関節包内矯正(1年半)、整体です。現在は時々整骨院で深部に効くという電気治療を受けています。効果は1~2時間程度。翌日には戻ってしまいます。症状は鈍痛です(日によって左右ばらつきあり)。下肢の痺れは無く歩行は問題ないです。ただし10分立ち読みすると鈍痛は増します。酷い時は仙腸関節部を軽く押すと痛みます。仰向けで両下肢を伸ばした状態で数センチ上げると腰両側に痛みが走ります。反り腰と言われ自分でお腹を引っ込め骨盤後ろに倒そうと意識してストレッチもしていますが、気づくと大抵両脇腹が筋肉痛になります。これは骨盤が動いている証拠なのでしょうか?
ストレッチを続けてよいのかも含め今何をしたら良いか悩んでいます。
どなたかご教授下さい。

違反報告

2013年10月7日 09時22分

教えて掲示板の回答

天美ふれあい整体院

12年間の慢性腰痛ですので、かなりお悩みになっているかと思います。

まず筋肉痛になるようなストレッチはあまりオススメできません。

一番はもう一度大きい病院で、今の腰椎の状態を知ることのほうが大事だと思います。

それから治療法は病院の指示でやってみて、効果がなさそうであれば民間療法に移行してみてはいかがでしょうか?

違反報告

2013年10月12日 23時09分


12年と長きにわたり苦痛に、ご苦労されているのですね。

実際検査してみないとわかりませんが、

この文章では、腰(腰椎)が中心に書かれており、
腹部の状態がわかりません。

おそわく、そのようなところを診る施術院に行かれていないのでは?

腰痛を身体全体として捉えているカイロもご近くにあると思われます。

探されたら如何でしょうか?

JSCのホームページも参考にしてください。

早く良くなっていただけることをお祈り申し上げます。

違反報告

2013年10月9日 07時39分


かない整体

腰椎が6個・・・1個多いですね。奇形でしょうか?それとも記載ミスでしょうか?

奇形の場合は、セオリーのバランスからずれます。
奇形に合わせた調整が必要です。

仙骨の矯正はされたのでしょうか?

このような動きが妨げられてはいませんか?
http://seitai-in.info/pelvis/kotuban4.html

ストレッチは、適応するストレッチであれば、かなり変化するはずです。
望ましいことと逆のストレッチをしていると、ちっともよくなりません。
何十種類もあるストレッチから適切なものを選んで行っているのでしょうか?

12年前・・・ぎっくり腰なら1週間で痛みはなくなるはずです。
それ以上不快が続くようであれば、ヘルニアを疑い、最初に病院をおすすめします。

ヘルニア手術の数年後におかしくなった患者さんがいらっしゃっていますが、個人的に、壊れる前に「精密な骨の矯正」を受けておけばよかったのにと思います。

ヘルニア手術後の腰痛は、調整にてこずります。体にメスを入れている場合には、術跡周囲の変な部分が硬くなっていることが多いです。

現在、整骨院で深部に効く電気治療ということですが、保険範囲でしょうか?保険範囲だと、パターン化した施術になるため、通院し続けることが前提です。

回復させる場合、精密な調整が必要なはずで、動き(受動、能動)、可動範囲、筋力、痛みの発生姿勢や条件を細かく検査してもらい、最優先の場所を導き出し、はじめは数カ所の調整や数個のストレッチにとどめることが重要です。

少しでも参考になれば・・・

お大事にされてください。

違反報告

2013年10月8日 16時27分


十常カイロプラクティック

12年前からの腰痛ですか、つらい痛みお察っしいたします。

腰はカラダの要といい、「立つ・歩く・座る」すべての動きの中心になりますが、その腰が痛むのは大変ですね。

結論から、手術は、なるべくお避けになったほうがいいように思います。
結果が不透明で、病院は手術後の保証してくれますか?

無理でしょう。

それと、筋肉痛になるようなストレッチは害あって利無し、やめましょう。

カイロ(2年も)に行かれていたと、いわれますが、内容に疑問いたします。
1か所にとどまっていたのでしょうか?

ここまで慢性化していますと、すぐには結果は出ないとしても、最近では骨格の矯正だけでなく、筋肉からくる痛みを追及されたカイロの先生もおられますので根本的に対処してくださるカイロ院もありますので、あきらめず探してみてはいかがでしょうか。

*ヘルニアはあくまでも病名であり痛みの原因ではない、筋肉中心のカイロ院また、筋肉専門のマッサージに特化された治療院の門をたたかれたらいかがでしょうか。

お大事に。


違反報告

2013年10月8日 09時20分


木村均整院

ダヴィンチさん
はじめまして。

ヘルニアは手術して治るかもしれませんが、腰痛はたいていの場合治りませんので手術はお勧めできません。

文面からの推測ですが、骨盤の中の深層筋(インナーマッスル)のバランスが悪いのではないかと思います。立ち読みするときの姿勢は恐らく腰が反って頭は前傾していると思います。痛みが有るのは腰ですが、腰だけの問題でなく、身体全体のバランスを観て全身を整えてくれる治療院に行かれると良いと思います。

また、治療は色々なところを渡り歩くことはお勧めできません。できれば同じ治療院に半年くらいきちんと通い詰めると良いと思います。

お大事にしてください。

違反報告

2013年10月8日 09時08分


明智鍼灸治療院、明智美容痩身研究所

僕は鍼灸師ですがヘルニアだと思います。それだけ色々やって治らないなら手術が
適当だと思います。尚、腰椎は5個ですので第5番の腰椎と第1仙椎の間のヘルニアだと想像します。体調のいい時に手術してください。全快を祈ります。

違反報告

2013年10月8日 08時27分


ご住所はどのあたりでしょうか?
一度施術をさせていただきたいと思います。その後今後の方策決めたいです。
近場ならなお良いのですが
当院は、京都府京丹後市網野町
吉岡健康快復センタ-

違反報告

2013年10月7日 23時18分


あおぞら整骨院

体の使い方が悪いのでしょう。反り腰を治そうと思って骨盤を後傾させる体操は無意味です。まず、肩を後ろに引くのを止めてください。解剖学的に肩関節の位置は斜め前、肩甲骨は背中についているのではなく、あなたの場合横についてると思った方がいいくらいです。解剖学的にあばら骨の前面は完全に骨盤よりかなり前です。真横から見た骨の解剖図で確かめてください。それから、股関節の位置も解剖図を見て手で確かめてください。正座して、上記のように肩関節の位置、骨盤とあばら骨の関係を解剖学的に正しくすわり、股関節の位置を確かめ、股関節から折れるように前屈して。45度くらいでいいです。今度はその位置から股関節を支点に上半身を戻す。要するに股関節を使って、前屈、戻るを繰り返す。これは体に正しい使い方を覚えさせるためです。なるべく力をいれず、優しく滑らかに、股関節中心に上半身が動いているのを確かめながらやります。前屈するとき、腰から曲げない、腹から前に落としていかない、首や胸を下へ落とさない。腰や上半身はほとんどそのままの状態で前屈。戻るときも、腰を反らせない、背中や頭から行かない、腰や上半身はほとんどそのままの状態で殿筋を使って戻る。腰の筋肉や背筋は使わない。骨盤を後傾させたり、反らせたりなどの骨盤エクササイズは今の状態ではやらないほうがいいです。なぜなら、あなたは上半身と下半身の関係を腰部分で調整し、立ったり歩いているとき背中を後ろに引いているから。つまり、骨盤エクササイズはあなたの体の使い方を改善するのではなく、助長してしまうから。もっと股関節を思い出して下さい。上半身と下半身との関係で股関節が正しく使えるためのエクササイズは上記のものです。どうしても痛いときは、仰向けで、股関節膝関節が90度になるように、脚を箱のようなものに載せて30分くらい休んでいれば、大腰筋が緩み、あなたの腰の痛みが取れますよ。

違反報告

2013年10月7日 21時00分


大阪オステオパシーセンター

困りのご様子、お察し申し上げます。

さて、質問です。
痛みはどんな感じですか?
キリキリ?鈍痛?夜間痛?

読ませていただいた感じでは
ヘルニアの痛みではないような気がします。
もう少し情報があれば、よかったのですが。

おそらく

筋や関節系、または脊柱管狭等が考えられます。
手術を考えておられるのでしたら

お近くのオステオパシー施術を
受けられたらよいと思います。

お大事にしてください。

違反報告

2013年10月7日 18時30分


ひのくま整骨院

12年間腰痛とおつきあいは大変ですよね。
ストレッチングは続けていて間違いはないと思いますが、筋トレがメニューに組み込まれていたら割愛して、一日にこまめに行うようにしなければなりません。一日に好きなストレッチングだけを1セットだけだとほぼ効果はありません。
基本的に腰椎が人より多くあることが心配のもとではありません、筋肉の機能低下、神経レベルの低下が悪いのです。10分の立ち読みで痛むのであれば立ち読みをしなければ良い。今は体に痛みの記憶を植え付けないような生活週間をする必要があります。痛みが出ない程度に動く、ストレッチングもそうだし、体制を変えることもそう、やり過ぎない程度のお散歩、などなど。特に鈍痛というものはへるにあがあってもヘルニア症状に類似するだけで違うものが多いものです。後は医療機関でシッカリ間隔を詰めて治療することが一番。自分の都合は二の次で通院することをお勧めします。埼玉県にお住まいでしたら当院へいらしてみませんか。

違反報告

2013年10月7日 18時05分


PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院

初めましてPST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
腰椎椎間板ヘルニアで何をしたら良いか・・・悩みお困りのようですね!

腰椎椎間板ヘルニアは現在では手術しなくても改善されているケースが非常に多いです。当院でもそのような患者様が来院されますが、手術しないで改善されて大変喜ばれております。

腰痛が出現しない健康体の方でもレントゲンをとれば、大なり小なりへルニアが見つかるようですが、だからといって痛みなど発症していない方も大勢います。

日常生活における長期または長時間の不良姿勢やスポーツ活動の疲労の蓄積などで、筋肉の緊張が個々の持つ「回復力」を上回った時に発症することがあります。また、腰周りの筋肉のバランスが悪いなどいろいろ要因は考えられます。

改善策としては先ずは筋肉の緊張をとること。それから骨格の調整。最後に筋肉のバランス調整がよいでしょう。


一度、ぎっくり腰になると改善されても筋肉の持久力がなくなってきて、疲れやすく負担がかかりやすくなります。なので、先ず現在の痛み・違和感を改善するために筋肉の緊張を取ることがポイントとなります。
その後筋肉の持久力をつけていくことが大切です。

但し、どちらも専門的な知識が必要ですので我流は避けたいものです。

筋肉の緊張を緩める方法も様々有ると思いますが、マッサージなどは刺激が強く筋肉の線維を痛める可能性が高いので避けた方が無難です。

おすすめの施術法は「無痛ゆらし療法」といって身体に一切の負担・痛みを与えず、身体の痛みや苦痛を効率よく解消していくやさしい療法で様々な症状に施術効果をあげています。また、日常生活の指導や自己療法体操などもご指導しています。

●日常生活で注意すること
どの姿勢でも30分以上の同一姿勢は避ける
また、時間に関係なく、違和感を感じ始めたらその姿勢はさけて少し動き、軽い体操(自己療法体操など)を行なって筋肉の緊張をリセットすること。

違反報告

2013年10月7日 16時41分


むさしの鍼灸院

改善する為に、いろんな治療院で治療をお受け、いい結果が出ていないようですね。一度、トリガーポイント治療をおこなっている鍼灸院をご利用されてみてはいかがですか。仙骨周辺、腸骨上辺などの、小殿筋、中殿筋、梨状筋の炎症は坐骨神経管を狭窄し、腰痛の原因(坐骨神経に沿った痛みもおきます)となり、腰痛で2,3,4,5腰椎に治療をおこなっても痛みが取れない場合は、殆どが上記の筋郡の炎症が原因で、関連痛として痛みをだします。トリガーポイント治療をやっていないと、意外とこの筋の炎症をとる治療はおこなっていない場合がおおいです。試してみてください。

違反報告

2013年10月7日 15時41分


緑風堂治療院

日本脊髄外科学会のホームページによれば、「現在までの研究では腰椎椎間板ヘルニアのおよそ80-85%の症例は自然経過で軽快すると報告されています」ということだそうです。ただ、質問者様の場合は余分な腰椎があるということなので、本当に手術が必要なケースなのかもしれません。
以前椎間板ヘルニアに悩む友人に一度だけ鍼治療をしたことがありますが、友人は鍼の響きが嫌だったようでそれきり治療には来ませんでした。しかし、数年後友人に再会した時、「アドバイス通り腹筋をしたらヘルニアが治った。ありがとう」と感謝されました。私は忘れていましたが、彼に腰回りを鍛える運動をするよう指導していたようです。運動療法を指導して忠実に実行、継続する人は少ないのですが、彼は私を信じて運動を続けてくれたようでした。
症状はケースバイケースなのでやみくもに運動をしろとは言えませんが、症状が悪化しない範囲での運動は椎間板ヘルニアの場合必要かと思われます。腹筋運動や水泳など、体と相談しながら試されてはいかがでしょうか。
また、我流でのストレッチはやめた方が良いでしょう。
快癒お祈りします。お大事に。

違反報告

2013年10月7日 15時29分


健友館くぼ整体院

いまの痛みなどの症状が進行しないような運動は続けるべきです。
いろいろ治療院に通ったようですが、生活指導は受けましたか? 治療を受け続けている最中のギックリ腰発症? などとても考えられません。
私のお進めは、骨盤と脊椎の矯正をして自律神経も調節し、反り腰用ストレッチなどの生活指導も細かく具体的に説明してもらえ、ヘルニアが治療できる整体院です。

参考までに、当院にお越し頂ければ、5~8回くらいで改善する見込みです。

違反報告

2013年10月7日 15時06分


阿倍野区にある腰痛専門院からだ矯正センターこたに

年齢や性別、体型など不明ですし、観察したわけではないので、はっきりとしたことは答えられないかもしれませんが、一般的にはストレッチは柔軟性を高めるよりも疲労をとることを目的として行うべきです。ただその腰痛は不安定になりがちですので、治りたい一心で、柔軟性をつけようと必死になると、腰椎は不安定になることもありますので注意です。

治療に関しては、説明しにくいのですが、特殊な治療法が必要になりそうですね。一般的な腰痛への治療とは違う方法が必要だということです。

気をつけなければいけないのは、5番6番間に動きを付け過ぎて不安定にさせないことに留意するべきです。そうなると腰周囲が重だるくなったり、抜けるように腰がだるいとか、何かの拍子に「ギクッ」となりそうな感覚になります。

将来的なことも含め状況は大変そうですね。ですからあまり簡単に「こうしたらいいですよ」とは言えませんので、注意にとどめておきたいと思います。

ただ改善することは不可能ではないと思います。治療院選びが難しそうですがあきらめず頑張って下さい。





違反報告

2013年10月7日 14時23分


げんき本舗治療院

姿勢には気をつけておられますか?どんな治療をしようとも姿勢が悪いままだと、腰痛はしつこく残ります。次のようなこと、特に座った姿勢をしていないかどうかチェックしてください。全て腰痛にしてはいけない姿勢です。

1,あぐらをかく
2,横座りをする
3,足を組んで座る
4,いすに浅く腰をかけ、背もたれに背中をつけている
5,腰を丸くして座っている

反り腰かどうかは姿勢に詳しい専門家に見てもらう必要があります。日本人で、本当の反り腰の人はほとんどいません。私も過去30年に数例を見ただけです。腰は前にカーブしているのが本来の形です。後ろに丸くなった姿勢は腰に大きな負担をかけますので気をつけてください。

違反報告

2013年10月7日 13時59分


〜癒し整体〜 加藤施術院

私も元ひどい腰痛患者だったため、辛いお気持ちよくわかります。

あれこれやってきたけれど、結局良くなっていない。

多くの方もご経験のことでしょう。

12年も経っていますので、当時の状態とは異なっていると思いますし、
検査技術も変化していますから、大きい病院で、今一度検査をしていただいたほうが良いでしょう。

中途半端なお店に行って、余計悪くされることは避けたいですし、
医師にしっかり説明を受け、ご自身の質問をしっかり受け止めてくれるようなら、
その先生の指示に従ってください。
ダメだと感じたら、他の病院にいきましょう。

民間療法はその次で良いと思います。

違反報告

2013年10月7日 13時35分