教えて掲示板の質問

「MRIやレントゲンでも骨に異常はないと診断されましたが、左腰の痛みがとれません」に関する質問

  • 受付終了

高橋彩華さん

競技ゴルフをやっている15歳女子です。
2013年の8月にゴルフの試合中に突然、腰痛にみまわれました。その後、いくつかの整形外科や整骨院などに通院しましたが、本当の原因が分からずいまだに症状も改善されずに困っております。
時間軸で説明させていただきますので、原因の可能性や、お勧めの病院等を教えていただけたら非常に助かります。お時間を頂きますが、ご教授頂ければ幸いです。

1. 8/10頃 ゴルフの試合後に腰が痛いと言いだす。

2. 8/12頃に整形外科の診察を受けるが骨には全く以上ないと診断される。痛みが和らいだらゴルフを再開していいとのことだったので、腰の痛みが完全に引かないまま,無理して8/27まで騙し騙しゴルフを続けてしまう。そして、8/27の試合で、ハーフが終わった段階で一人で歩けないほどの痛みに見舞われ棄権する。

3. 8/28から整骨院で電気治療とマッサージ治療を受ける。

4, 9/1に、腕のいい整体師を紹介されたので、そこで治療を受けたが症状は全く改善されない。

5. 9/10頃に別の整形外科(新潟市女池)を知人から紹介してもらったのでそちらで診察を受ける。そこで、レントゲン診断の結果、「すべり症」と診断され、まずは痛みを取る必要があるということで、2回にわたってブロック注射の治療を受ける。しかし、症状は全く改善されず逆に悪化するような状況。

6. 一ヶ月経っても症状が改善されないため、腰痛治療に実績のある新潟市内総合病院の整形外科の紹介状を書いていただき、10/11に診察を受ける。そこで、MRI、CT、レントゲン検査を行った結果、今度は「すべり症」でもなんでもなく、骨には全く異常はないとの診断結果。

7. 10/16から鍼灸院にで治療を始め、10/23までに4回の治療を受けたがいまだに腰に痛みが残る状況。

整形外科では2つの病院で「骨には異常なし」、1つの病院で「すべり症」という診断結果でした。これについてもどちらが正しいのか半信半疑の状況ですし、整骨院、整体師、鍼灸院での治療も、根本の原因を明確に特定できていない状況での治療で、なかなか改善されず手探り状態が続いています。



違反報告

2013年10月25日 01時51分

教えて掲示板の回答

ひろ整骨院

初めまして、神奈川県で整骨院をしている太田と申します。
Drがすべり症と診断するぐらいなので、腰椎と骨盤の反り(前湾)はきついのだと思います。
どのあたりが、どのように痛いのか、書かれていないので、想像の域に書かせてもらいますが・・・
横からの姿勢でお尻が後ろに出て、反り返っているようなら、お尻の筋肉と胸腰筋膜の収縮に目が行き鍼灸師や整骨院の先生が治療をして、少し痛みがマシ・・・
な感じになるはずです。
それでも、痛みが取れないのであれば、腸腰筋・多列筋・腹横筋の施術が出来る院を探してみてはいかがでしょうか?たぶん多列筋が原因だと思いますが・・・

競技ゴルフをやっているとの事なので、フォームに問題がありそうです。
全体の運動パターンも見れる先生・トレーナーはなかなかいないと思いますがさがしてみてもいいと思います。
スタビライゼーションで検索して腹筋を鍛えるのも腰の安定強化に繋がります。


補足ですが、多列筋は弱化もしくは断裂していると思います。
緩めるのではなく鍛えるが正解になります。

違反報告

2013年10月30日 16時42分


お礼コメント

新潟県はスポーツトレーナーの方が少ないようなのですが、いい先生が見つかるように探してみます。あと、スタビライゼーショントレーニングは取り入れて強化していこうと思います。
この度はお忙しい中、いろいろとご教授いただきありがとうございました。

2013年11月2日 10時18分

大月治療院

はじめまして、名古屋市で大月治療院をしております足立と申します。

発症から現在までの経過からして、痛みの原因は軟部組織の損傷であったと思います。
骨や椎間板には異常なしで何より幸いでした。

本来なら1週程安静にしておれば、全快したと思われる状態でしたが、試合がまじかに有った為か、無理をして練習を続けたため、最悪の事態(途中棄権)になってしまし残念な結果ですね。

さて、現在の状態は
①損傷部分が不完全な状態で固定されてしまって、身体自身が、もう治そうとしない状態。
湿布薬や痛み止め剤を使うとよく起きる現症。
身体が治そうとする力を奪ってしまい、修復途中で止めてしまったが故、不完全治癒です。

②損傷部分は治っているが、痛みだけが残ってしまった状態。
最近注目(ためしてガッテンでも放送)されてきている、脳が勝手に痛みを作っている状態です。
激痛を体験したり、痛いのに練習を続けたり、痛い部分に何度も治療の為刺激を続けることによって、脳に痛みの記憶が出来てしまった状態です。

治し方
①②も共通は、まず湿布や痛み止め剤等の使用はすぐに止める。
現に良くならないものは、改善に役に立たないのでは直ぐ止めましょう。
逆に長引く原因です(慢性痛になる)。

①にはリラックスすることのよって、副交感神経優位になり、自然治癒力を高める。
入浴時間をしっかり取る、睡眠時間をしっかり摂る。

傷めた患部に再度刺激(手技や鍼や灸等)を加え、身体に傷んでいることを教えることで、再度修復を行うようきっかけをつくる。

②には、脳に染みついた痛みの潜在記憶を消さないと治りません。
①と同様リラックスをすること。
そして身体に痛くない治っていることを、教え込んで潜在痛の改善するには、
ソフトな力で患部を中心に手を触れ、骨盤や下肢を少しづつ動かして、身体に痛くないことを教え込んで行けば段々消えていきます。

ご自身では、無理なストレッチはせず、痛くない範囲でストレッチを行い、段々ストレッチを大きくしていくことで、脳に安心安全を教え込んでいけばよいです。
(痛いと感じるストレッチは脳が危険と感じて潜在記憶が消えない)

当院では①の場合1~4回、②の場合は少し長く3~8回でほとんどの方が治ってます。

PS、貴女のカラダ自身が最高の名医です。これからは、何か起こっても慌てず自分の治癒力を引き出し、無理をせず治してから練習を再開することが、結果最高のプレーができます。プロを目指すなら、目先のことより将来を見据えてください。

違反報告

2013年10月26日 13時40分


追加コメント

4番のコメントに左側の殿部中央と分かる文が書いてありますね、たぶん梨状筋症候群か殿筋症候群です。

この筋肉は比較的治りは良いですが、シコリが残ってしまうことが、非常に多いです。

Drでは触診が現実殆ど出来ないから、見つけて頂けない症状です。
(画像には現れない)
よって、病院探しは困難ですし、行けば必ずXp撮影からは始まります、そこには大切な卵巣や子宮があり被ばくさせ身体に悪いだけで、百害あって1益もない。


治療は殿筋や梨状筋に、少し長めの鍼を刺して頂くとよくシコリが取れて痛みが消えます。
鍼でなくても、手技だけでも改善はできます

腕の良い鍼灸師や整体師を探された方が良いでしょう。

または、無理しないストレッチや柔軟体操を行うことで改善いたします。
運動が好きな貴女ならば、ご自身で改善できる可能性が高いです。

2013年10月26日 14時13分

お礼コメント

自然治癒力を高め、入浴時間・睡眠時間をしっかり取り、脳もリラックスさせるようにしっかり意識していきます。また、心あたたまるお言葉、非常にうれしく思います。
目先のことより将来を見据えて頑張ります、ありがとうございました。

2013年10月26日 14時13分

PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院

初めましてPST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
MRIやレントゲンでも骨に異常はないと診断されるも、左腰の痛みがとれず悩みお困りのようですね!

本人の自己回復力がゴルフによる全身の筋肉の緊張を緩めることが出来なくなり疲労が蓄積してしまい、特に腰背部~骨盤周辺部の筋肉の過緊張が原因で血管や神経が圧迫され痛みがでているものと思われます。

改善法ですが整形外科やその他様々な治療を受けてもよくならいことも多々あります。特にスポーツなどである一定の動作で痛みがでている場合などはその動作での筋肉の緊張をゆるめ筋肉および関節がスムーズに動かせるように身体に再教育させないとなかなか痛みがとれません。

当院ではそういった方が来院され短期間で改善されているケースが多々あります。

施術ポイントは人間は痛みに非常に敏感に反応するため、揉む・叩く・押えるなどの強刺激は筋肉組織を痛める可能性が大きいためNGです。

●施術をうけるなら
個人的に私がおすすめしているのは「無痛ゆらし療法」という療法で身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の痛みを効率よく解消していく療法です。

からだをゆっくり揺らすことで筋肉の緊張を取り去る施術で、筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みや違和感などが減ります。また、日常生活における注意点やや簡単に自宅で行える「自己療法体操」なども指導いたします。

違反報告

2013年10月26日 09時32分


お礼コメント

「無痛ゆらし療法」という療法は初めて知りましたが、痛いのは嫌いなので興味があります。今後の治療の参考にさせて頂きます。この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 23時25分

そら整体院

こんにちは、白倉と申します。

MRI、CT、レントゲン検査を行って骨に異常がなかったという事ですので筋肉が原因と思われます。

どの程度練習して何年競技をされているのかはわかりませんが、腰部、背中、臀部、大腿と慢性の疲労を起こしているのではと思います。

部分的なマッサージよりも全体的に、さらに競技によって身体に捻じれが強く出てないかも確認した方がよさそうです。

どのような競技でも、ハードにやりすぎると身体が捻じれてきますので時々のメンテナンスを行う事で予防にもなりますし、痛みが出ても原因がわかりやすくなります。

新潟市でしたら【よしだカイロプラクティック】をお勧めします。
よく知っていますし、腕の良い方です。
行かれる時は吉田院長に私の名前をお伝えください。

ブロック注射は個人的はお勧めしません。

違反報告

2013年10月25日 21時51分


お礼コメント

カイロプラクティックは筋肉の治療にも有効なのでしょうか?
それと、私もブロック注射は二度としたくありません。ブロック注射は激烈に痛かったので、それも痛みへの恐怖心を助長させた可能性があるのでしょうか?
この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 23時16分

追加コメント

よしだカイロの施術は筋肉にも有効なやり方で行っていますのでご安心ください。

2013年10月28日 23時16分

2丁目整骨院

若いですが、婦人科の子宮周辺と内科で臓器の検査をしてください。

違反報告

2013年10月25日 21時25分


お礼コメント

この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 21時35分

漢療 氣樂院

温灸整体を試してください。腰から頸まで、脊髄に沿って温灸します。髄動脈の機能を高めれば、腰痛が自然に回復します。

違反報告

2013年10月25日 18時46分


お礼コメント

早速試してみます。この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 21時36分

たみと整骨院

こんにちは。
15歳というと成長期の後半ですね。まだまだ、身体が柔らかくていい時期ですが、逆に捻じれやすい時期でもありますよね。20歳頃には骨の成長が止まるのでそれまでの症状は日常動作に痛みの原因が隠れている場合が多いと思います。
たとえば、勉強の仕方や通学時のカバンの持ち方。勉強の姿勢では、机にもたれかかって左手で頬杖をつく状態が長く続いたりすると背骨は左(右)に湾曲をして背骨の間から出ている神経を圧迫してしまうとか、また、カバンの持ち方が毎日毎時同じ肩で持っているとそれも神経圧迫のおそれはあると思います。

あなた様の場合は、ゴルフバック・・・の片方がけ・・・でしょうか?
うちの院にいらっしゃる方では、剣道をしていて側弯症になり、神経圧迫等で足(下腿)が重くだるくなったりの症状が出ています。聞けば、防具の左肩掛け・・・。
常に左だったようなので、『行は右、帰りは左』を心掛けていただきましたところ、
多少は腰痛と下腿のだるさは減少したようです。あとは、寝るときの寝方などのアドバイス・・・

すべり症に関しましては、レントゲンを診せていただけたらお答えしやすいかと思いますが・・・
症状のもう少し詳しい情報はいただくことはできますか?
たとえば、ゴルフの際、スイング前か後かとかどんな体勢にしたら痛むとか、だるさ重さはあるか、どっちを向いたらどうなのか・・・とか。

私自身、中学生の時に側弯症の診断を受け、リハビリもしましたが・・・途中でやめてしまった後、高校生になって足全体に症状が現れ、部活をするときも苦労をしていましたので、応援したいですしお力になれれば幸いです。

出来れば、私が診て差し上げたいのですが・・・こちらは奈良県なので遠いですよね。
診せていただける方が少しでも解決すると思います。

違反報告

2013年10月25日 18時18分


お礼コメント

日常生活での痛みはなくなったのですが、トレーニングの一環でゴムバンドを使ったストレッチで、腰を捻ったり伸ばしたりすると、後で違和感を感じたり、鈍痛を感じたりします。
あと、昨日から練習を再開しましたが、練習が終わった後に左腰の尾骶骨と骨盤の中間部にまだ少し違和感を感じるので、以前の痛みが発症しないか不安がよぎります。
最後に、心温まるコメントを頂き心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 23時04分

福岡腰痛センター ベストカイロプラクティック院

ゴルフの練習は続けているのでしょうか?

私がこの子を診たという設定でお話します。

痛みが強い場合は周囲組織に炎症が考えられます。
何はともあれまずは練習、試合を中止すべきです。
そして、電気、マッサージと書かれていましたが、本来絶対やってはいけません。
他の先生も書いておられましたがアイシングは併用して行うとより効果的です。

身体の負担を減らし休息を与えても、痛みが全く収まらない場合(一週間以上)本体的な問題が考えられます。
スべり症、や分離症は否定できませんが、その場合休息、アイシング等で痛みが収まった後も繰り返し痛める事が続く可能性もあり、スパンを持って注意が必要です。
一応ブロックしておられ、痛みが引いていない事を考慮すると脊髄神経周囲の問題ではないものと考えられますのでスべり症は違うかと推測します。

後は各部位の機能低下です。
筋肉を始め、関節そして神経や筋膜まで、全て含めた複合のシステム!
そう言う意味で他の先生方も多くの場所を指摘しておられました。
ある機能低下があると、周囲での保護的代償機能が働きますので、別の部位が痛くなる現象が起こります。
理由なく痛む事はほぼ考えられないと考えています。
必ず原因があると推測しますが情報が少なく場所や状態を推定するには至りません。
申し訳ありません。

それと、治療院に通院する場合、一度では難しいでしょう
初めて症候を診させてもらうので、数回通院しながら様子を見てください。

ご心配ですね!
全快される事をお祈り致します。


違反報告

2013年10月25日 17時46分


お礼コメント

練習は1ヶ月ほど休んで様子を見ています。先生のおっしゃるとおり、痛みの原因はあると思うので、早い段階で特定できるように治療していきます。この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 21時34分

山田カイロプラティック施術院

未だ、お若いのに大変ですね。

整形外科での診察は骨に異常がないかを
調べていますので、そうでは無くて、
まず、ご本人を、うつ伏せに寝かせてみて、
左右のお尻の高さを見比べて診て下さい。


多分、右側の方の腰の高いんでは無いですか?
その場合は腰の骨に捻じれが生じていると思いますので、
まずはカイロの方が治療としては良いのではないかと思います。

それと、痛みがある場合は腰を冷やして上げて下さい。

違反報告

2013年10月25日 17時33分


お礼コメント

この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 21時27分

KAT’sカイロプラクティック

原因が解らず長引く腰痛お辛いですね。

競技ゴルフをされているということで相当な数のスイングをされていると思います。

ゴルフに限らず運動は、全身の筋肉・関節が上手く連動して動く必要があります。

足がねじれ、股関節がねじれ、腰、胸、肩、首、肘、手首と細かく言えばきりがないほどのパーツが連動することによって運動のパフォーマンスが得られます。

その中で1番過酷に働いたのが、腰と言うことで痛みが出ていると思われます。

今の状態で腰だけに目を向けるのはナンセンスだと思います。

原因は、足かもしれませんし胸椎かもしれません。いろいろ考えられます。

硬くなって安定してしまった部分は痛みを発せず負担が大きい部分が痛みを発します。

もし、お近くで治療院をお探しなら「身体の連動」を気にして診てくれる所をお探し下さい。

これからも、スポーツを真剣にやっていかれるなら身体の動きを良くしてくれる治療院とのお付き合いは必須になってくると思います。

少しでも早く笑顔になれるとよろしいですね。

違反報告

2013年10月25日 17時25分


お礼コメント

新潟市には「身体の連動」指導やスポーツトレーナーを兼ねた治療院が少ないように感じます。今一度、探してみます。この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 21時23分

多賀はりきゅう整骨院

今までに腰痛の既往歴はありますか?

通常、スポーツ障害ではオーバーユース(使い過ぎ)が原因となることが多く、そのほとんどが亜急性(反復あるいは持続的な力によってはっきりと原因が自覚できないにも関わらず損傷が発生する事)で発症することが多いです。

もう少し詳しくお聞きしたいところもありますが、発症日から2か月経過して症状の改善がみられらないのであれば、練習と並行してお近くの鍼灸整骨院に続けて通われてみてはいかがですか?

亜急性での発症は治療後に症状の改善はみられても、時間経過や運動による負荷等で症状が戻ってくることも多く、これからの競技も考え長い目で治療し、根治治療と日頃のケアをしていけば痛みは取れるはずです。

また競技に合わせて固定等もできるでしょうし、コンディショニングもできます。

最後になりますが、鍼灸院さんによっては保険を使用した(3割負担)鍼灸治療ができますので、続けて治療するのにも負担は少なくなります。

あきらめずに治療してください。

もっと詳しくお聞きになりたい場合は直接メールしてください。

違反報告

2013年10月25日 17時16分


お礼コメント

腰の痛みを発症したのは今回が初めてです。日頃のケアもよくなかったと思うので、今後は治療とケアをしっかり行っていこうと思います。この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 21時11分

Body&Mind治療室

昨年、日本整形外科学会・日本腰痛学会が発表した、「腰痛の最新情報」のことはご存知でしょうか?

腰痛の80%以上が社会心理的因子(ストレス)が関与しています。
また腰痛がない人でも、レントゲンでヘルニアや分離症の画像がみつかります。
レントゲンに写るのは骨だけです。
ですが痛みを伝えるのは神経です。
すなわち、レントゲンに写っているものと痛みとは関係がありません。
(科学的に証明されています。)

また人間の脳には学習記憶があります。
慢性化してくると、痛みを脳が学習し、痛くない状態でも、誤作動を起こし、痛みを発する場合があります。

今まで受けた治療で効果がないということは違ったアプローチ方法が必要だということです。
すなわち、神経系の治療と脳の学習記憶の治療が必要です。
そいった症状に最も適している治療法が、
神経系にアプローチする「アクティベータ・メソッド」、
脳の学習記憶にアプローチする「ニューロパターンセラピー(心身条件反射療法)」です。

治療方法は下記のサイトを参考にして下さい。

アクティベータ・メソッド→http://www.activator.gr.jp/
ニューロパターンセラピー→http://www.mindbody.jp/

違反報告

2013年10月25日 16時24分


お礼コメント

神経系にアプローチする「アクティベータ・メソッド」、脳の学習記憶にアプローチする「ニューロパターンセラピー」について、初めて知りました。今後の治療の参考にさせて頂きます。この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 20時48分

長期間に渡り痛みを抱えているようで、
辛い日々をお過ごしの事かと思います。

腰部のどの位置が痛むのか、叉は画像診断より、
どの箇所に器質的異常が見られたかは存じ上げませんが、
痛みはあれど、特に心配の要らぬ腰痛でしょう。

腕の良い治療院を見つける事で呆気無く治るでしょう。
良い治療院に巡り合えるよう願っています。
お大事になさって下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/anti_white_supremacy

違反報告

2013年10月25日 16時08分


鍼灸整骨院 かまたき

状態を確認してないので、憶測でお話をさせて頂きます。

まず腰にたいする病名が曖昧なので、ご本人もご不安でしょうがないでしょうが、整形外科ではっきりと診断がくだらないということは、骨格の捻じれや筋肉にかかっている負担で痛みが出ているのではと推測します。

痛みが強い場合は、まずアイシングで腰をよく冷やしてみてください。
初めは、冷たさに慣れないので痛みを強く感じるかもしれませんが、冷やしているうちに痛みがどんどん和らいでいくと思います。

治療は、仙腸関節、腰仙関節へのアプローチと腸腰筋、臀部筋肉へのアプローチをしてもらって下さい。


はっきりと痛みの原因がわかりましたらまた投稿して下さい。

ご回復をお祈り申し上げます。


違反報告

2013年10月25日 16時00分


お礼コメント

この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 19時17分

健友館くぼ整体院

腰痛を治すと同時に、自分の『ゴルフに対する取り組み姿勢』と自分の『健康』とを関連させることを、考え直す必要がある年齢と考えます。今回、腰痛でゴルフの大会を棄権したように、身体が健康でなかったら練習した実力が出せないしいいスコアが残せません。ゴルフの練習のなかに、腰を痛めない身体づくりと健康管理が必要になるということです。例えば、練習ゼロの日を作ってリラックスして過ごすことも、ゴルフ練習と考えます。
前置きが長くなりましたが、骨に異常があるか?ないか?の診断は、治療するためには非常に大切になります。2院でMRIを撮って異なった診断になっている訳ですから、また別の評判のいい整形外科でMRIを撮ってもらってはいかがでしょうか。異常の有無が2対1に分かれるはずです。
治療院選びは非常に難しいと考えていますが、お進めするなら整体院です。骨の異常の有無に関係なく、骨盤の歪みと脊椎の歪みがあり、腰の痛みのかなりの割合でその原因になっている筈です。街でも評判のいい経験豊富な整体院を探して下さい。

参考までに、当院にお越し頂ければ、骨に異常がないものとして、3~6回で改善するものと予想します。

違反報告

2013年10月25日 15時47分


お礼コメント

先生のおっしゃるとおり、腰を痛めない身体づくりと健康管理をしっかり行っていかなければいけないと痛感しております。先生の整体院を知ることができただけでも、今後の安心につながりました。この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 18時36分

せりかわ整骨院

こんにちは。スポーツ選手にとって、痛みが消えないのはとても不安かと思います。さまざまな先生方のアドバイスを聞きながらあきらめずに頑張ってください。スポーツ復帰に向けては、鍛えることと、治すこと(ケア含む)のバランスも大事だと思います。近いとは言えませんがお隣の県でしたのでメッセージさせていただきました。

違反報告

2013年10月25日 15時14分


お礼コメント

この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 18時26分

喜多方整体院

はじめまして、こんにちは。おそらく腰部の深層部の筋肉の収縮から、血管内部に痛みの成分が溜まっているのだと思います。海外ではすでに腰痛での「MRI、CT、レントゲン検査」はおこないません。また「すべり症」でも元気にスポーツをしている方はいます。ご質問の方は、信越方面の方でしょうか?新潟に一人、筋肉を緩めてくれる方がおります。よろしければ紹介しますので、私のところへ連絡下さい。早く治るといいですね。

違反報告

2013年10月25日 15時01分


お礼コメント

是非とも紹介して頂きたいので、後で連絡させていただきます。
この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月28日 18時24分

田中スポーツ医学研究所

こんにちは、最近の研究では、ストレスが痛みの原因になるということが分かってきています。
どのような痛みでも通常は、負担をかけずにいれば改善は見られるものです。無理に練習をしているなら論外ですが、もし、練習を休んでいるのに改善が見られないのであれば、ストレスを疑ってみてください。

違反報告

2013年10月25日 14時55分


お礼コメント

試合へのプレッシャーもあって、それがストレスになっていた可能性も考えられるので、今後はプレッシャーを楽しめるように話し合いしていきたいと思いました。
この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月27日 14時21分

訪問鍼灸マッサージ|聖母治療院


はじめまして。
漢方紫禁堂治療院の加藤と申します。

私は鍼灸師ですが、痛みの部位(腰部)を直接治療するのは
いちばん最後です。

ゴルフシューズの合う合わないや、歩き方の癖など、
足の裏の足底筋や足関節からふくらはぎの筋肉にかけて
腰を支えるためにひずみが生じていることが多いのです。

「腰痛ならば腰を治療する」というだけでは、一時的に
痛みや筋肉の緊張が和らいだとしましても、またすぐに
ぶり返してしまいますので、根本治療にはならないのですね。

そして腰に痛みが出たときは、腰の筋肉が炎症を
起こしている状態ですので、そのときに腰をマッサージすることは、
競技中であっても避けるべきです。

まだ15歳とお若いですので、ゴルフに伴う骨や筋肉の疲労は
進んではいないと思いますが、私はゴルフというよりも、普段の
姿勢や歩行から来る下半身のねじれ・ひずみが影響していると思います。

ご参考になさっていただければ幸いです。


漢方紫禁堂治療院  加藤水男
http://shikindo.com/

違反報告

2013年10月25日 14時55分


お礼コメント

先生のおっしゃるとおり、普段の姿勢はあまりよくないと思います。携帯を長時間見ていたりで下を向いている時間が長いのでよく注意しています。今後はもっと姿勢や歩行の重要性を理解させ、いい姿勢を保てるように指導していきます。
この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月27日 14時18分

緑風堂治療院

もし、「すべり症」ならば少々厄介ですが、筋膜・筋肉由来の腰痛であれば、治癒する可能性はおおいにあります。
いずれにせよ原因がはっきりするまではゴルフはお休みすることをお勧めします。人生はまだまだこれからです。体は大事にしてください。
もし良ければ、当院ホームページの腰痛のページをお読みください。
お大事に。

違反報告

2013年10月25日 14時49分


お礼コメント

ホームページを見させていただきました。腰痛原因の様々な説明が非常にわかりやすく勉強になりました。この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月27日 14時06分

松原接骨治療院

こんにちわ
左腰の痛みが取れないとの事ですが・・・今回の場合は腰に原因があるのではなく様々な理由で症状が現れていると分析します。
先ずはT.M.J(顎関節症)と左の股間節の問題です。
そして骨盤と頚椎ですね。
可動域(正常な可動性)が確保できているか?
あとは、蓄積性の内臓疲労により起床時に強張り(突っ張り)があるかどうかで調整の仕方(アプローチ)が変わってきます。
整形外科や接骨院はアクシデントに対する応急処置や検査になりますので、この様な場合はトラブルになりますので治療院(カイロ・整体)がいいかと。

違反報告

2013年10月25日 14時32分


お礼コメント

自分に合う治療院を探して改善していこうと思います。
この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 15時29分

Total Body Labo MONDARO

お問い合せ有難うございます。

行くところ行くところで違う診断を受けると何が本当なのか不安になりますよね。
なおかつ治療効果もないとなると尚更ですよね。

お答えですが、実際にお身体を診させていただいたわけではありませんので、文章からの推察になりますがご了承ください。


まず、
「整形外科では2つの病院で「骨には異常なし」、1つの病院で「すべり症」という診断結果でした。これについてもどちらが正しいのか半信半疑の状況です」
について、
すべり症の原因には、
「多くは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったため」
と言われております。
ですので、安易にすべり症との診断を下してしまったのではないでしょうか。

「MRI、CT、レントゲン検査を行った結果、今度は「すべり症」でもなんでもなく、骨には全く異常はないとの診断結果」
たぶんこちらの診断が正しいと思われます。


痛みの原因がどこにあるのか、
あくまでも私の考えとしまして、
・腰の骨の関節(腰椎椎間関節)
・腰の骨と骨をつないでいる小さい筋肉や靭帯
・腰をひねる時に使う筋肉
・お尻の筋肉
ではないかと思います。

私は鍼灸師ですし、鍼治療でぎっくり腰などの改善は難しくないと思っていますので鍼治療をオススメします。
※鍼灸には流派(治療法)が数え切れないくらいありますので、受けられた治療法では改善に至らなかったのだと思います。

しかし、他にも素晴らしい治療法はたくさんありますので、他の先生のご意見も参考にされるのが一番良いかと思います。


15歳ですと、まだまだお身体、筋肉が発育状態ですので、
大人と比べ弱い部分がたくさんあります
今回痛めてしまった弱い部分、負荷の掛かる部分、特にインナーマッスルを今後鍛えていくと腰痛の再発を防げるのではないでしょうか。


私は新潟の人間ではありませんので、病院等をオススメすることができず申し訳ありません。
一日も早く痛みが改善されることを心より願っております。

違反報告

2013年10月25日 14時32分


お礼コメント

先生からご指導頂いた原因を参考にさせて頂き、痛みの原因を特定していきます。まt、先生のおっしゃるとおり、インナーマッスルをしっかり鍛えて、腰痛の再発防止をしなければならないと再認識しました。この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 12時57分

王寺ウェルネスカイロプラクティックオフィス

メディカルでは解決できないから我々の存在理由があります。

まず、どんな動きで痛みがでるのか?
または、朝が痛いのか、ナニをすると痛いのか?
例えばゴルフのスイングのどのタイミングで痛いのか、歩いている時に痛いのか、座っているだけで痛いのか、などです。

メディカルにはないバイオメカニクスが我々にはあります。

腰が痛いから腰が悪いのではなく、
腰は仕事をこなそうとして悲鳴を上げているのです。

痛みには必ず理由があります。

違反報告

2013年10月25日 14時32分


お礼コメント

痛みの原因を何とか特定していきます。この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 12時42分

太子堂

腕のいい方に施術してもらってダメなら自分で痛みを軽減できる方法を探すのがベストですね。その間に見つかることを願います。

カラダの症状で、バランス状態までは推測できませんが…

仰向けに寝て左足のみを曲げて外に倒す(左足裏が右の内モモにあたる感じ)
その状態のまま何も意識せずに身を任せて重力を感じてみて下さい。

ダメもとですが。少しでも軽減するのであれば、さらに次の段階の方法をお伝えしますので連絡下さい。

違反報告

2013年10月25日 14時30分


お礼コメント

試しに続けてみます。この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 12時40分

けんゆうカイロプラクティック

2か月以上も痛みが引かないのは、結構つらいですね。
ごるふをしている場合、スイングの最後でどうしても左腰に負担がかかってしまいますので、痛みが出やすいです。
MRIやレントゲンでは骨や椎間板などの異常しかみつけられないので、整形外科でも発見しにくいのではと思います。
競技ゴルフということで、毎日かなりの玉数を打っているのではないでしょうか。
身体が出来上がる前の年齢でそれだけ打つと腰に負担が、それも下部腰椎・仙腸関節に負担がかかります。
これは股関節や胸郭の柔軟性が低下しているか、その辺りを上手く使えないので下部腰椎、仙腸関節に負担がかかり炎症が起きているのではないかと思います。
痛みのある部位は固定して、股関節、胸郭の柔軟性を回復させてあげるエクササイズなど行ってみてはいかがでしょうか。

違反報告

2013年10月25日 14時22分


お礼コメント

股関節や胸郭の柔軟性を回復させるエクササイズを探して、トレーニングに取り組みたいと思います。
この度はお忙しい中、相談にのっていただき心から感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 08時33分

こまごめ腰痛治療室

はじめまして。
ほんじょう腰痛医学研究所 本荘と申します。
出口の見えない痛み辛いですね。

私の経験からしまして、軽度のすべり症ではないかと推測いたします。
理由は割愛させていただきますが、
すべり症でないとしても、該当部位に負担が集中しているのでしょう。
 
簡単で申し訳ありませんが、原因追究されることを、お勧めします。

違反報告

2013年10月25日 14時13分


お礼コメント

この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 08時24分

ストレッチ&コンディショニングめんてな

原因もわからずに痛みが続いているのは、とても辛いことだと思います。私は東京でスポーツ選手のトレーナーをしており、ゴルフをされている方が多数いらっしゃいます。私のわかる範囲でお答えさせていただきます。

15歳という年齢、女の子ということで「すべり」は出ていなくても「分離症」に近い症状かなと推測します。どの部分に痛みが出ているか、どの動作で痛みが増すかなど教えていただけるともっとわかりやすく説明できます。

原因はゴルフに特有の動きです。片方へのひねりばかりなので、骨盤と胸郭(肋骨)がゆがみやすく、その間にある腰が痛くなります。本当はひねられる部分は肋骨の下の部分なのですが、これを腰でひねろうという意識が強すぎると腰にかかる負担が大きくなります。

完全に痛みを取るには1ヶ月半から3ヶ月ほどかかることが多いです。大事なことは、骨盤と胸郭のゆがみをとること、体幹を鍛えること、正しい動き方を身につけることです。特に15歳という年齢なので、今やらないと一生引きずることも考えられます。

新潟の方でいるようであれば、パーソナルトレーナーについてもらって見てもらうことをおすすめします。腰痛の場合、治療だけではなかなか改善しません。ゴルフをこれからも続けていくようであれば、正しい動き方を習得できたほうが今後のためにもなると思います。

違反報告

2013年10月25日 14時01分


お礼コメント

左腰の骨盤と尾骶骨を結んだ中間部周辺が痛むのですが、普段は痛くなくても、ゴルフ練習を長時間続けると痛みがではじめます。
ご指導の通り、骨盤と胸郭のゆがみをとること、体幹を鍛えること、正しい動き方を身につけることを徹底していきます。
この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 07時58分

木村均整院

はじめまして。
東京の杉並区で整体院をしていますが、腰痛の9割は原因不明と言われています。当院に来る患者さんも原因不明な場合が多いです。また、私の友人にレントゲン技師がいますが、彼の話でも骨に異常があっても痛みのないケースもあるし、逆に骨に異常がなくても痛みが発現する場合もあります。

競技ゴルフをしている15歳の女子ということから梨状筋症候群などの筋肉の炎症かもしれません。競技ゴルフを一時ストップしてみて様子をみてはいかがでしょうか?

違反報告

2013年10月25日 14時00分


お礼コメント

痛みが取れるまではと思いゴルフは休ませてはいるのですが、もう暫く休ませてみます。
この度はお忙しい中、相談にのっていただき本当に感謝しています。ありがとうございました。

2013年10月26日 08時15分

げんき本舗治療院

すべり症はレントゲンで容易にわかるものですので、おそらく違うと思われます。
普段の練習などを含めたゴルフの時間はどれくらいでしょうか。15歳ですとまだ筋肉が十分に発達していない時期です。過剰に筋に負担を与えた結果、疲労の蓄積が一定を超したためなのではないでしょうか。
一般的に我が国の整形外科は骨以外は見ません。筋肉は無視します。しかし、筋肉が原因の腰痛というのは多数あります。一度筋肉を見る整形外科を受診されればいかがでしょうか。
以下に挙げる筋筋膜性疼痛症候群研究会の会員医師は、筋肉を見る専門家です。参照してみてください。ただし、ここに上げられた医療機関や鍼灸院は、任意で登録しているものですので、全てのところが上げられているわけではありません。もしお近くになければ、この研究会宛におたずねになってみてください。
http://www.jmps.jp/hospital

違反報告

2013年10月25日 13時52分