教えて掲示板の質問

「治るとは言えない、と言われたままの保存療法。」に関する質問

  • 受付終了

あさりさん

現在37歳。
意識を失うかぐらいの激痛に襲われ、椎間板たししけニアと診断。27歳で内視鏡手術をうけました。
その後も、腰痛や座骨神経痛になやまされ、レントゲンやMRIでしばらく経過を診てもらっていましたが特別異常もなく、リハビリ等で過ごしていました。
デパスも処方されたときはビッグリしましたが、今では腰痛によく処方されるみたいですね。

ここ二年ほど少し普通に生活ができていた矢先でした、ギックリ腰?仙腸関節捻挫、靭帯損傷などの診断でレントゲン異常なし。鎮痛剤とロキソニンテープで様子を見ていました。

座ると痛く、立つのは数分。おしりの奥でうづく痛みで引き攣るような痛み?ピリピリと熱痛い。
三ヶ月経過したころ、少し楽になってきていました。

しかし、12月中頃また痛めてしまいました。
針、整体、カイロ、気功、今までどれだけ通っても治りませんでした。
AKA治療、何度か施術してもらいました。

仙腸関節症、炎症…今回のは特別痛く、トイレに立つだけで精一杯で病院に出向くのも、寝転んだ状態でないと待てません。痛み止めも効かなく途方にくれています。
激痛のあと、横になると15分くらいでマシになってきます。
立つと左の奥の骨付近からその周りがズンズンズキズキ痛みます。
年末AKA治療をうけました、変わらず今も寝たままです。よろしくお願いします。

違反報告

2014年1月16日 03時47分

教えて掲示板の回答

鍼灸整骨院 かまたき

様々な治療を体験されていて重複になるかもしれませんが、痛みが強い場所は、氷で30分しっかりアイシングをすると炎症が治まってきます。

痛みが強い場合は、もっと冷やして下さい。

アイスノンなどは使わず、必ず氷で冷やして下さい。


こんぽんは、足からのバランスが悪いのではないかと思います。
お近くの整骨院でご相談するか、当院にご連絡して下さい。

違反報告

2014年1月27日 20時48分


ひろ整骨院

椎間板ヘルニアということで話を進めますが、以前から多列筋を痛めていたか、手術の際に多列筋を切ったかが考えられると思います。
現在の仙腸関節は捻挫と言うよりも、殿筋・多列筋の弱化による、仙腸関節の不安定性による痛みが考えられます。

呼吸・腹圧コントロール・骨盤低筋を調べて、実践してみてはいかかでしょうか?
AKAに通院しているのであれば、腰椎・骨盤の調整はしているはずです。

参考になれば幸いです。


違反報告

2014年1月21日 20時37分


岡崎整骨院

当院では、腰痛にはすべてプロテック(浮腰式腰痛治療器)を使用しています。ヘルニアから急性腰痛、筋膜性腰痛全般に効果をあげています。ネットでプロテックを検索し最寄りの医療機関(整形外科も含む)を訪ねられるのはいかがでしょうか?千葉県鎌ヶ谷市の岡崎でした

違反報告

2014年1月17日 17時10分


痛みの原因がわからない、こんな場合にこそバイオコレクターをお試しください。効果がなければ返品返金できます。

ゴムコードでカプセルを腰の患部に固定します。
http://honkakuya.com/products/detail.php?product_id=664

http://honkakuya.com/products/detail.php?product_id=647

もしこれらが効果がない場合はパルス磁気が有効かもしれません。
これも返品可能です。
http://honkakuya.com/products/detail.php?product_id=623

違反報告

2014年1月16日 17時48分


篠原整骨院

今までと同じようなことをしていては再発を繰り返します。
体の使い方、動かし方を変えるこんなセルフケアーがあります。
参考に・・・。http://ameblo.jp/heros-walk

違反報告

2014年1月16日 17時25分


PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院

初めましてPST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
治るとは言えない、と言われたままの保存療法で悩みお困りのようですね!

腰背部・臀部周辺の筋肉の異常緊張が影響しているようです。
また、身体を支えるだけの筋力・筋持久力が低下しているようです。

自己療法体操として
寝た状態で膝を曲げて左右に倒して20~30秒間のストレッチングや膝を抱えてのストレッチングなど
いろいろ方法がありますが、痛みが酷いときは湯船の中で行なうとある程度行えます。

身体の状態を診ていないので何とも言えませんが痛みのない範囲で行なって下さい。
痛みが強い場合は無理をしないで専門家に診てもらって下さい。

<注意>
筋肉の緊張を緩める手段として揉む、叩くなどのマッサージ行為はその時は気持ちよくても筋肉線維を痛めてしまうのでNGです。

●施術を受けるなら
個人的に私がおすすめしているのは「無痛ゆらし療法」という療法で身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の痛みを効率よく解消していく療法です。

からだをゆっくり揺らすことで筋肉の緊張を取り去る施術で、筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みや違和感などが減ります。また、日常生活における注意点やや簡単に自宅で行える「自己療法体操」なども指導いたします。

違反報告

2014年1月16日 14時55分


カイロプラクティック・コンディショニング・ルーム・K

最新(2012)の整形外科学会の腰痛ガイドラインによると、慢性的な腰痛は必ずしも構造(骨盤の歪み、ヘルニア、神経圧迫)によるものではなく、社会心理的要因すなわちストレスが影響しているといわれています。
このことはNHKなどのテレビでも頻繁に放映されています。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20111116.html

改善しにくい痛みや原因がわからないこともストレスになり痛みを増強します。ストレスフリーにするような治療も選択の余地があると思います。
参考までにこちらのサイトから情報を得てください。
http://www.mindbody.jp/

お大事になさってください。

違反報告

2014年1月16日 14時43分


げんき本舗治療院

普段の姿勢には気をつけておられますでしょうか?
いくら治療を加えても、姿勢が悪いままだと効果は出ません。
座ったときの正しい姿勢は、腰が少し前にカーブしているです。骨盤の前両側に骨の出っ張りがありますが、そこと太ももとの間に指の太さ1本が入るかどうかの隙間になるのが正しい骨盤の傾きです。腰痛を頻繁に繰り返す人はこの姿勢をしていません。
いすに浅く腰をかける、あぐらをくむ、足を前に伸ばして座るなど、すべて腰には悪い姿勢です。
思い当たることがあれば、今後絶対にしないことをおすすめします。

なお、椎間板ヘルニアの手術ですが、手術をした例としなかった例では、5年後を評価するとほとんど腰痛の程度に差がないことがわかっています。そのため、最近は手術をしない傾向にあります。

私の経験では、上記のように姿勢に気をつけた上に適切な治療を加えると必ず改善します。改善しなかった例はほとんどありません(過去改善しなかった例は、癌があったもの、変形が強度の高齢者のみです)。

どうぞお大事になさってください。

げんき本舗治療院
http://www.genkihonpo.com
羽山弘一

違反報告

2014年1月16日 14時29分


元気の出る家~超整体ハッピースマイル(SAGA自然形体療法院) 

それはお辛いですね。そもそも椎間板ヘルニアは手術しなくても治ります。ただ治し方を知らないだけです。お住まいはどちらか知りませんが、「自然体健康法」ホームページを見てお近くの治療院に電話して相談してみてください。自然形体療法は椎間板ヘルニアを始め普通の整体、外科、カイロ等では治らない患者さまばかり来院されるので、電話だけでもしてみてください。出張治療も可能な治療家もいらっしゃいます。あなたの痛みは必ず解決します。今迄あなたが出会った治療院は治せなかっただけです。

違反報告

2014年1月16日 14時14分


半田市の桜門鍼灸院

鍼にどのくらい通われたか分かりませんが、
術者との相性は大切です。
また、電気鍼でも効き目の悪い機械もあります。
また、鍼の本数も千本鍼のように150本以上行うと効果がぐっと、出る方もあります。
気休め程度の鍼しか行わない鍼灸院もあります。
鍼治療にはいろいろありますから、もう少し探されるのが良いかと思います。
また、漢方薬もよく効く場合があります。漢方薬局も3件くらい回ると、自分に合った漢方薬が見つかるかもしれません。

違反報告

2014年1月16日 13時51分


健友館くぼ整体院

お問い合わせに記載のようにレントゲンに異常がないようでしたら、仙腸関節のズレ・腰椎と骨盤の歪みが原因と考えられます。その他には、足腰の筋肉の衰え・弱い・疲れが溜まっている・重労働が考えられますが、常日頃から対策をたてて生活や仕事をしないとすぐに再発します。
経験豊富で街でも有名な整体院を探して下さい。ボギボギするだけの整体は避けて、少ない痛みで矯正してもらい、十分な生活指導を受けて下さい。
参考までに、当院にお越し頂ければ、2~5回で回復する見込みです。

違反報告

2014年1月16日 13時36分


筋肉が、関節が、神経が、という表面的な問題ではなく、いつも同じような部位を痛めてしまう背景を探る方が、解決が早い気がします。

自分の中の潜在している要素(信念や感情やトラウマなど)と患部との関連を調べていくと、意外な気づきがあるものです。

例えば腰や骨盤であれば、金銭面や性的なことで何かしらの感情や信念が患部に居座っているとか。

ご参考にしていただければ幸いです。

違反報告

2014年1月16日 13時21分