教えて掲示板の質問

「坐骨神経痛の様なのですが…」に関する質問

  • 受付終了

桃子さん

昨年、11月の半ばが始まりなのですが
朝起きると腰〜左足にかけての痛みがひどく動けなくなりました。その日のうちに整形外科を受診したところ「ヘルニアになりかけていますね」と診断されました。その病院では湿布、ロキソニン、胃薬(ごめんさい。お薬の名前忘れてしまいました)を出されました。
しかし、改善される気配がなく違う整形外科を受診。そこでは電気を流したり軽いリハビリをし、一つ目の整形外科と同じお薬をもらいました。
時間の経過と共に、腰の痛みはなくなりましたが現在も坐骨神経痛と思われる痛み、しびれに悩んでいます。

2月の半ば、椅子から立ち上がろうとしたとき、左の太もも横に激痛が走り立ってることも座っていることもできなくなったのだすが、しゃがむと楽になり、その日から一週間強寝たきりの生活をしました。そのとき、整体にも行ったのですが痛みが悪化したため、行くのをやめました。
寝たきりの生活をしたところ、たまに足が痛む程度になり、ヘルニアかも?と診断されてから一番回復していた時期だと思います。

しかし、そのあとすぐ、精神的不安定により眠れない日々が続きそれと同時に足の痛みやしびれが復活してきました。ロキソニンを飲みながらだましだまし生活していましたが、治したいと思い、今まで行った整形外科と違う整形外科を受診しました。レントゲンを撮ったところ、首の骨がまっすぐ(首の骨のレントゲンも撮ったのは肩こりがひどいと申告した為)ということの他に異常はないと診断されました。しかし、痛みがひどいため注射を打ち、湿布、ロキソニン、胃薬、コリクールをもらいました。
ですが、痛みが改善される気配がなく、歩けるものの5分歩けば良い方で台所にも立つのがままなりません。骨に原因が無いなら…?と、思い総合病院で血液検査もしましたが、正常値で異常はありませんでした。

やはり精神的な面からきているのでしょうか?
確かに、昨年の春から今年の春先まで結構きついことが重なり、仕事もハードだったため疲れていたかと聞かれれば、イエスと答えると思います。
しかし、そんなにきつかったか?と自問自答したら、周りの人の方がもっとがんばってたじゃないかって思える程のキツさだった気がします。

ちなみに、肩、背中、腰、太もも、ふくらはぎ、足首をマッサージすると痛みが軽減します。
姿勢が悪いのと肩が前に出ているので、気をつけて姿勢を正して居ますし、肩を正常の位置に戻す体操も行っております。骨盤矯正運動も、痛みがあまりない日に限り行っております。
長くなってしまってますがもうひとつ気になる点が。
仰向けに寝て、片足ずつ抱きかかえる様にすると、左のおしりの後ろがつっぱった感じになり、若干左側に足が折れまっすぐ抱きかかえられていない気がします。右の足を抱きかかえるとまっすぐ折れますが、股関節がポキっと必ず言います。

これからどういう風に付き合っていけばいいのかまだまだ悩んでいるので、こうしたらいいよ!など、教えていただけるととても助かります。よろしくお願いします。

違反報告

2014年6月4日 15時38分

教えて掲示板の回答

西原指圧

腹筋運動すると楽になります 

違反報告

2014年6月7日 19時17分


自律神経専門 東海カイロオステ院

毎日おつらいですね。
早速本題ですが

坐骨神経痛、股関節のゆがみ、不眠、肩凝り
それぞれの原因があります。

全身の骨格を矯正する事で改善しています。
http://chirooste.com/article/detail.php/190/40014
http://chirooste.com/article/detail.php/190/43732

違反報告

2014年6月5日 16時07分


げんき本舗治療院

腰を丸くして(しゃがむなどの姿勢)痛みが軽減するのは腰椎椎間板ヘルニアの主要な症状です。レントゲンではヘルニア部分は写りません。骨だけです。
精神的な要因が腰痛に関連するというのは近年わかっていますが、それだけではありません。主要な原因はやはり腰です。
ストレートネック(首がまっすぐ)のある人のほとんどは普段の姿勢に問題があります。腰を丸くして座ることが多くないですか?たとえば、いすに浅く腰をかけ背もたれに背中を預けるとか、座椅子に座るとか。このような姿勢はヘルニアを起こします。ところがヘルニアにより腰痛や神経痛を起こすようになると、かえって腰を丸くした悪い姿勢の方が痛みが楽になります。でも、悪い姿勢を続けていると、いつまでたっても治りません。
普段は、正しい姿勢、前に緩やかにカーブした腰に気をつけることです。ヘルニアがあると痛みが助長されるかもしれませんが、痛みと相談しながら、徐々に正しい姿勢になるように心がけて下さい。姿勢が悪いままだと、いくらいい治療をしても意味がありません。火を消そうと水をかけながらガソリンをかけているようなものです。
ロキソニンなどの消炎鎮痛剤は、痛みを緩和しながら症状が治まるのを期待するというものです。積極的に治すというものではありません。もちろん注射もそうです。
坐骨神経痛の場合、殿部の筋肉、特に梨状筋などが緊張しますので、足を抱える動作をすると痛みが出ます。骨盤の体操などはどのようなものをされているのかわかりませんが、最近はマッケンジーメソッド(マッケンジー体操・マッケンジー法)というものがヘルニア治療でよく使われます。ネット上でたくさん出ていますので検索してみて下さい。
姿勢が悪いときに方を後ろにするようにするのはかえって肩こりなどをひどくさせます。腰を正しい姿勢にしていないのに上半身だけ正しくしても意味はありませんし、肩から首のかえって負担をかけます。立った姿勢では、土踏まずに重臣が来るように試みて下さい。座ったときに姿勢の悪い人の多くは立った時に上半身が後ろに反っています。でも反っていることに多くの人は気づかずまっすぐだと思っています。その場合かかと寄りに重心が来ています。上半身を少し前に傾けるようにして重心が土踏まずに来るようにしてみて下さい。慣れないと前のめりになる感じがしますが、実はそれがまっすぐです。今までが間違った姿勢をしているんです。慣れると前のめりの感覚はなくなりますので、それまで気がつけば姿勢を正すようにして下さい。
整体は、中には優れた技術の人もいらっっしゃいますが、中には基本的医学知識もなしに行っている人もいます。そのような整体にかかると悪化します。見もせずに、あなたの痛みの原因は骨盤のずれですなどと断定する整体はたいてい医学知識がありません。実際に、詳しく調べて初めて原因を究明することのできる整体が正しいものです。
姿勢に気をつけるとともに治療を進めて下さい。治療は、しっかり診察をする整体なら効果があります。
国家資格を持っているものでしたら、鍼灸が効果的です。ただ鍼灸にもいろいろな手法があり、中には痛みの治療は苦手という鍼灸師もいます。よく確かめてから行く方がいいでしょう。
医療機関でしたら、トリガーポイントブロックというものをしているところを探してみて下さい。これは筋肉の緊張部位に麻酔薬を注射して痛みを治すという方法です。整形外科や麻酔科、神経内科などのごく一部で行っています。すべての医療機関で行っているわけではないので注意して下さい(保険点数がとても低い割に手間がかかりますので行わない医師も多いそうです)。
他には、私でしたらオステオパシーをおすすめします。オステオパシーはアメリカ発祥の医学で、身体全体をひとつのものとして考え解剖学的、生理学的に手で治療を進めるというものです。非常に高度な医学知識と触診技術がいりますので、わが国では行っている人はあまりいません。先進国の多くで免許制度があるのですがわが国ではありませんので、偽物もあります。オステオパシーの4原則という世界共通の理念があるのですが、これを知らないところは偽物です。
結論として。まず正しい姿勢を心がけること。次に適切な治療を行うことです。
必ず治ります。
どうぞお大事になさって下さい。

げんき本舗治療院
院長・羽山弘一
http://www.genkihonpo.com

違反報告

2014年6月5日 13時51分


健康になるため、そして健康を維持するコツは、
沢山あるとおもいますが、ここでは貴方のためにいくつかあげてみます。

①体の硬さを和らげる
過酷な環境に晒されると、筋肉が硬直し、皮下組織が硬くなり、
体にひずみを生むようになります。これらは体から自由を奪い、
気の巡りを悪くし、不健康をもたらします。

②全身の細胞を刺激する
次に行うことは、体をくまなく刺激し、全身を活性化させます。
全身の細胞は神経と繋がって、脳で一点に集中していますから、
体の皮膚の刺激は脳の刺激になり、脳の活性化になります。
目、耳からの刺激はできるだけ少なくした方が良いです。
時には、声を出すことも脳の刺激には有効です。

③現状から脱却する
今の生活のどこかに原因となる要素があるはずです。
なにかに執着していることがあるならば、それが
引き金となって、体に不調を及ぼします。
脳を活性化させ、歪みを察知し、現状の執着から離れることで、
好転していくことがよくあります。

④潜在能力を発揮する
現状に流されていたり、世間の風潮に乗ってばかりいると、
自分を見失う結果となります。自分の心の声に耳を傾け、
全身の細胞を活性化させるような生活を送ることです。

いずれにしても、①については整体が必要です。
全身をくまなく、丁寧に、ケアしていただける所に行くべきです。
そうすれば回復までに時間がかかるとしても、必ず回復するものです。
問題はいかに回復を早めるかです。
その方法について、少しでもお役にたてれば幸いです。

違反報告

2014年6月5日 11時17分


ひふみ治療院

お話からするとだいぶ重心がずれているようですし、股関節回りの筋肉はだいぶ歪んでいるみたいですね。やはり治療はこの歪みを少しでもただすということになりますが、単純にただボキボキさせるような整体院は意味がないし、かえって悪化させるかもしれません。
だいじなのはどのように重心がずれ、どこがどういうふうに歪んでいてどうすれば正しい位置にもどせるのかをちゃんと理解し、実践してくれる治療院を探すということにつきます。

違反報告

2014年6月5日 11時00分


むさしの鍼灸院

ご連絡の内容から判断いたしますと、
腰部の中殿筋、小殿筋、梨状筋の炎症によって坐骨神経が狭窄され、腰痛、股関節痛、膝痛、ふくらはぎ、足首等の痛み、痺れ、違和感を感じます。
腰部の中殿筋、小殿筋、梨状筋の炎症を緩和させる治療をすれば治ります。

違反報告

2014年6月5日 09時15分


PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院

初めましてPST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
坐骨神経痛?で悩みお困りのようですね!

腰背部~骨盤周辺部の筋肉の異常緊張が長期間に渡っているため、常に痛みや違和感が身体の正常な状態を忘れて自己回復力が発揮できなくなっているようです。

●対策として
お風呂などでゆっくりと全身を温めて腰痛体操や骨盤体操などが効果的です。
痛みのない範囲で徐々に動かす方が回復は早くなります。

自己療法体操も行なっているとのことですが、専門家に現状を診てもらってその上で指導してもらうことをおすすすめします。

巷でいろいろな健康体操などがありますが、人それぞれ体質も違うし症状も異なってきますので是非専門家に診てもらった上で行なう事が回復の近道だと思います。

●施術を受けるなら
個人的に私がおすすめしているのは「無痛ゆらし療法」という療法で身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の痛みを効率よく解消していく療法です。

からだをゆっくり揺らすことで筋肉の緊張を取り去る施術で、筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みや違和感などが減ります。また、日常生活における注意点やや簡単に自宅で行える「自己療法体操」なども指導いたします。


(予約・お問い合わせ先)
〒594-0003 大阪府和泉市太町158-18
PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院
http://www5b.biglobe.ne.jp/~smash/
TEL/FAX 0725-45-4321

違反報告

2014年6月5日 09時07分


JIN鍼灸院一針齋

ヘルニアになりかけていますね」と診断・・・ 内容に納得されていますか?
画像診断の結果と説明をうかがっていればいいのですが
文章からは、問診で言われているように伺えます。

画像診断のデータを頂いていると思いますので
CDデータを持参して、お近くの鍼灸院をおすすめします。
鍼灸院では問診に約30分から一時間をかけて、お話しをしながら、症状の内容といくつかの質問をさせて頂きます。
CDデータを持参して頂ければ、現在の状況の説明と治療方法の説明をおこなってから施術に入ります。
ジーパンのような締め付ける服装ではなく、ゆったりとした服装で治療院に行って下さい。
当院のように患者着のご用意されている治療院もあります。
当院では 個々人の状態で、
鍼・灸・パルス(低周波治療)・陶器灸を複合して治療をおこなっています。
精神的不安要素においても、鍼灸の治療で改善されます。

違反報告

2014年6月4日 23時44分


大崎養生所

朝に痛みが増す原因は、
日中、足の裏が床に付いていると、
自然に足を伸ばす筋肉が働く仕組みがあります。
そうすると、
足の筋肉の力が、確りと上半身の動きを支える事が、
出来る様になります。
ところが、朝は夜眠っているので、
足の裏への刺激がなくなる為に、
症状が出易くなっています。

神経が圧迫を受けると初めは、痛みを感じる様になります。
それが長引くと、しびれに変わって行きます。
治る時には、痛みに変わってから治ると思われます。

しゃがむと楽に感じるのは、
足の筋肉が緊張して、わずかながら足の筋肉が、
上半身を支える力が増して、
背骨に対する負担が少なくなるからです。

ストレスや上半身、それに手などを使い過ぎると、
頸から背中の筋肉が、縮んで硬くなります。
この部分の筋肉は、体を活動的にする交感神経の働きと、
繋がりがあります。
ストレスを感じた分だけ縮んで硬くなる仕組みがあります。
こうなると、交感神経が常に働いている状態になり、
夜の眠りが浅くなります。
原因は、足の筋肉の力が上半身の動きを支えられない為に、
頸から背中の筋肉が、すぐに硬くなってしまう事から起こっています。

左足は、曲げる筋肉を使う事で、バランスをとる事が出来ます。
右足は、伸ばす筋肉を使う事で、バランスをとる事が出来ます。

基本的には、左の足に坐骨神経痛が出易くなります。
また、左の股関節も外側上方に外れ易くなります。

右の足から聞こえる音ですが、
これは、右の股関節も不安定になって来た事が、
原因と思われます。

改善する為には、
宜しければ、
次の動かし方をお試し下さい。

http://www.nct9.ne.jp/ohsaki/

トップページ左の運動法があります。







また、神経が

違反報告

2014年6月4日 20時38分


山田カイロプラティック施術院

先ず腰のヘルニア気味が疑われます。本人は左側の痛みを訴えていますが根本はヘルニア場合は右側に原因があるので、右側の椎間板が開腹されないと症状は改善はされないと思います。整形外科では原因を捜してくれるのでは無く、悪い場所の特定だけです。先ずは徹底的に両膝を曲げてみて右側の腰だけを伸ばして診て下さい。一日に何度でも結構です。一回の回数を30回位と考えて下さい。もしもヘルニア気味なら一週間位では段々と症状が軽減してくるのもと考えます。この際、首とは関係は無いと思います。それと絶対に熱いお風呂とかは厳禁です。

違反報告

2014年6月4日 19時35分


波動気功整体&エステGarden美(メイ)

腰椎と頸椎がずれているようですね。
ですので今やられている姿勢を良くしたりするのは
とても良い事ですよ。
ただこのような痛みは、薬を飲んでいる間に自然治癒力で
回復していくので、時間はかかると思います。
もし、当サロンにお越しいただけるようでしたら
かなりお力にはなれると思います。
HPご覧いただけましたら「波動気功整体」60分90分
で良いともいます。
関東圏内であれば、出張もしております。
お問い合わせいただければ詳しくお話しできます。

★気になる点について★
仰向けに寝て、片足ずつ抱きかかえる様にすると、左のおしりの後ろがつっぱった感じになり、若干左側に足が折れまっすぐ抱きかかえられていない気がします。右の足を抱きかかえるとまっすぐ折れますが、股関節がポキっと必ず言います。

↑これは、腰椎(腰の骨)の5番目か4番目がずれて脇にある足の神経に触ってしまっていることが考えられます。
また股関節がボキッとなるということは、骨盤も開いているので
足の付け根の位置が悪くなっていると考えられます。
文面のみの判断なのでやや違うかもしれませんが
原因が少しでも分ればご安心できるのではないかと書きました。

ちなみに、マッサージをすると痛みが軽減するのは
血流が良くなるからなので、冷やさないようにしてください。
暑い時期なりましたが油断せず、熱中症に気を付けながら
してくださいネ。
頑張りましょう!

波動気功整体&エステGarden美
沖田 美(メイ)



違反報告

2014年6月4日 19時02分


ひじりボディケアー

ひじりボディケアーの村田です。
宜しくお願い致します。

大変お辛い状態が続いているようですね。
整体に行っても悪化されたと言うことは、痛みを発する原因の筋肉を処置していないと判断します。腰から左足にかけての痛みの原因は、おなかの筋肉の可能性が50%あります。座ったまま上半身を後ろに反らすと痛みが発現しますか?おなかの調子は良いですか?生理痛は重い方ですか?可能性としておなかの筋肉にストレスがかかり、筋肉のしこり(トリガーポイント)ができている場合があります。簡単に言いますと、筋肉のしこりは、その場所だけではなく、離れた場所にも痛みを送ります。そのため、整体でいくら腰を施術しても、本当の原因の筋肉を適切に施術しなければ、痛みを改善できません。お近くのトリガーポイント療法を行っている整体院で問診、施術を受けて下さい。

違反報告

2014年6月4日 18時52分


からだとむきあう整体院 りはの樹

質問を拝見いたしました。
かなりひどい神経徴候が出現しているようで心中お察しいたします。

ヘルニアに関しては、ひどいものであれば貪食作用という作用が働き、自然となくなるのですが、なりかけの状態ではヘルニアがなくなることはありません。

しかし、なりかけを改善させることが重要となります。
ヘルニアになるのは、からだ全体の捻れやバランスの問題から起こります。
整体で腰の施術ばかり行うところは、悪化する可能性があるのでご注意ください。

また、姿勢を良くしようとするのも止めてください。
姿勢を良くしようとして、腰を反っている人が多く、これがヘルニアを悪化させます。

からだ全体の変化を診ることができる治療家ならば、治すことができると思われますが、出来る人は数少ないと思われます。

今の状態では、治療よりもフェルデンクライスメソッドがいいかと思われます。
全国にプラクティショナーがいますので行ってみるのもいいかと思われます。

しかし、きちんと対応ができるかどうかは、その人のメソッドの選択によります。
それと、これだけで完全に良くなるかどうかは微妙なところです。
少し楽になる程度と思いください。

https://www.youtube.com/watch?v=tFmipnmIGmk
ユーチューブのこのレッスンを行ってみるのもいいと思われますが、自己流では効果が落ちますが、一度行ってみてください。
注意としては痛みがないくらいしか動かさないこと、ゆっくりと行うことを意識してください。
痛ければすぐに中止してください。

実際のからだを診ていないので、これが合うかどうかは微妙ですので、、、
何か質問等がありましたら、当院予約フォームから問い合わせいただいても結構です。

お大事になさって下さい

違反報告

2014年6月4日 18時23分


緑風堂治療院

日本脊髄外科学会のホームページでは腰椎椎間板ヘルニアの80~85%は自然経過で軽快すると説明されています。
さりとて簡単な疾患ではないので、まずはじっくり付き合うつもりで様子を見られてはいかがでしょう。
焦りは禁物だと思います。
養生法などについてはよろしければ当院ホームページの腰椎椎間板ヘルニアをご覧ください。

違反報告

2014年6月4日 17時48分