教えて掲示板の質問

「時々腰が痛くなります」に関する質問

  • 受付終了

シラウオさん

「ぎっくり腰、やっちゃったかな?」と時々困った状態になる、私の腰です。

いつも重い物を持ったとか、きっかけらしいきっかけが見当たらず、どういう時に腰痛が襲ってくるのか、自分でも把握できません。

それは徐々に始まり、痛み出して2~3日経つ頃、目覚ましを止めるために起き上がろうとしても起き上がれないほどの痛みに変わります。


最初は「あれ、また腰が痛いな」と思う程度で、普通に動けるのですが、体を前かがみにしたり、ちょっと曲げたりするズキッと来ます。
それが家に帰り、すべてを終えて寝て、翌朝になると痛みがだんだん増しているのに気が付きます。

痛みのピーク時にはベッドから這い出ないと起きられず、体を前に起こせません。動くたびに痛いし、時々腰が背骨から外れるのでは?と思うような、何とも言えない感じがします。

お風呂上りに毎日湿布薬を貼っていると治るので、これでもだめならお医者さんに行こうと思っています。

だけど、このような一時的な腰痛は一体何なのでしょうか。

違反報告

2015年6月25日 18時00分

教えて掲示板の回答

小田手技治療院

まみさん こんにちは!!
腰痛は辛いものですね。原因らしいことに思い至らなくても
突然だったり徐々にだったりして傷んでしまいます。
多くの場合一度傷めた状態がすっかり治らずに痛みだけが
取れた状態で経過しています。
恐らく痛みが無い時でも起きがけや中腰で作業をした後に
違和感や痛みがあったのではないかと思います。
この様な時はレントゲン等の検査では判ってもらえないの
ですが腰椎が僅かにズレていることがほとんどです。
「痛みが無い=治った」ということではありません。
できることならこの状態を見つけて治すことをお勧めします。
治してくれる方がいるはずです。
まだ若いのですから今のうちに善くしてください。
札幌近郊であれば月に一度出張もしています。
必要があれば相談に乗せて頂きます。連絡ください。
何はともあれ傷んだ箇所が判り善くなることを願います。

違反報告

2015年7月2日 17時40分


岩倉鍼灸院 あんじゅ

  ぎっくり腰を起こすときの身体的状況は、

 ・眼を酷使した後の眼精疲労時

 ・肝機能の低下時、あるいは、慢性肝炎、痔疾患、十二指腸潰瘍のある時

 ・慢性膵炎、あるいは糖尿病に羅漢している時

 ・瘀血症、即ち内蔵循環障害のある時

 ・風邪をひいている時

 ・睡眠不足の時

 ・暴飲暴食をした時

 ・入浴をしすぎた時

 などがあり、女性にはここにホルモンバランスの問題が加わります。

 発症以前の無理な生活を改善し、正しい生活リズムを取り戻すようにしないといけません。

 鍼灸治療は、自然治癒力を高め、免疫力を高め、ぎっくり腰にならない身体にしてくれます。

 是非、一度、鍼灸治療専門の施術所で、治療を受けることをおすすめします。

違反報告

2015年6月26日 11時53分


むさしの鍼灸院

毎日、立っている・座っている時間が長い人、そして運動等のストレッチをやっていない人は、必ずといって良いほど、腰痛、また坐骨神経領域の痛みを、特に朝起きたときに感じます。これは骨盤、股関節周辺の筋肉の炎症により、硬くなり腫れています。そして坐骨神経、血管等を狭くし、その関連痛として、腰、股関節、けっつぺた、膝、大腿部、ふくらはぎ、足首、かかと等に痛みを感じます。特に中殿筋、小殿筋、梨状筋の炎症が多いです。一度、鍼灸専門で筋のことを言って、治療され、その筋のストレッチ方法を教えてもらってください。気持ちの良い朝を迎えられるようになります。

違反報告

2015年6月26日 11時18分


PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院

PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
時々腰が痛くなりお悩みのようですね!

一時的な腰痛の要因の多くは、長期にわたる不良姿勢や疲労の蓄積、ストレスなどで自己回復力(自力で回復する能力)が低下してくると発症してきます。

日頃からラジオ体操などの軽体操やストレッチングを習慣化させて常に筋肉の緊張を解消しておくことが大切です。

また、日頃の姿勢が悪いと根本的な改善にならないので正しい姿勢を心がけてください。

出来れば一度、専門家で施術も含め、日常生活での指導や自宅でも簡単に行える「自己療法体操」なども指導してもらうと安全で効果的にお悩みを解消することができると思います。

●施術を受けるなら
個人的に私がおすすめしているのは「無痛ゆらし療法」という療法で身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の痛みを効率よく解消していく療法です。心地よく眠くなるくらいのソフトな刺激で筋肉の緊張を高確率に改善してくれます。

からだをゆっくり心地よく揺らすことで筋肉の緊張を取り去る施術で、筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みや違和感などが減ります。また、日常生活における注意点や簡単に自宅で行える「自己療法体操」なども指導いたします。

(予約・お問い合わせ先)
〒594-0003 大阪府和泉市太町158-18
PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院
http://www.somei-seikotsuin.com/
TEL/FAX 0725-45-4321

違反報告

2015年6月26日 10時25分


やなぎだ鍼灸整骨院

まみさん、こんにちは。

腰が背骨から外れるくらいの症状は

たいへんですね!

本当に一時的なんですか?

いつからですか?

朝だけですか?

毎日シップを貼るのに、痛みは一時的で治まるんですね?

不安なら

早くお医者さんに診てもらいましょうね。

原因も伝えてくれると思いますよ。

原因不明も多いですが!

どうします、後者なら?

また、教えて下さい。


やなぎだ鍼灸整骨院

柳田 直樹

やなぎだ鍼灸整骨院  柳田直樹

**********************************

★お気軽にお問い合わせください!★

●やなぎだ鍼灸整骨院

〒570-0006
大阪府守口市八雲西町2-6-9

☎ 06-6996-0111

http://www.yanagida-seikotsu.com

✉ info@yanagida-seikotsu.com

★お気軽にお問い合わせください!★

違反報告

2015年6月25日 22時07分


順天堂整体

湿布を貼って痛みがなくなるのは治っているわけではありません。痛みを抑えているだけです。だから、いくらたっても良くならないのです。
ひどいぎっくり腰をやるまえに早くお近くの治療院に行かれたほうがいいですよ。

違反報告

2015年6月25日 21時09分


カイロプラクティックとどろき整体院

初めまして、拝見しました。

ぎっくり腰、腰痛のようです。

まず、大元は、自律神経失調症傾向です。
交感神経が、一方的に高い状態、血管がいつも細くなっている戦い状態なんです。

また、腰の場合、ひ尿系・婦人科系などもよくないと思います。
副腎機能も低下傾向、弱っているはずです。


どうして、現状に陥るのか?

さまざまな過剰ストレス、生活環境、生活習慣、お仕事、女性の場合出産などあると思います。

心身の総合的過剰ストレスに対し、栄養素・機能栄養素(必須系ビタミン・ミネラルなど)などの跳ね上がり枯渇する不足が続いて、腰痛など起きるのです。
治すのも炎症・痛みを取るのも、科学的には食以外にはありません。
専門的には、1~3ヶ月で、普通に戻れると思います。
気づきが大切です!


当院のHPやその関連リンクなども参考にされてください。

                              NPO法人JMT
                              カイロプラクティックとどろき整体院
                                     竹本 豊

違反報告

2015年6月25日 20時46分