教えて掲示板の質問

「第5腰椎分離症の診察について」に関する質問

  • 受付終了

みかんさん

12才の息子の事です。
数年前より硬式テニスに打ち込み、ほぼ毎日のように練習に明け暮れていました。
2か月程前に、腰痛を訴えので、整形外科を受診したところ、レントゲン、MRIを撮り、第5腰椎分離症と診断されました。 一切の運動を禁止され、コルセットを装着し、安静にしていました。
まだヒビが入った状態だったので、初期であることと、年令から言って、恐らく完治するでしょうと言われました。 完治までに平均で3.5か月と言われました。
1.5か月ほどして、診察に行ったところ、レントゲンを撮り、もうレントゲンには何も写っていないとのことでした。最終的な完治したかどうかの判断はCTを撮って行うとのことでしたが、分離症は普通3か月位はかかるから、後2か月はこのまま安静にして、それからCTを撮りましょうと言われました。
息子は1日も早くテニスをしたいと、日々じっと我慢しています。
もっと早くCTを撮ってくれないかとお願いしましたが、ダメでした。
後で知ったのですが、その病院にはCTがなく、CTは外部施設へ行かなければならないそうです。
そのような状況なので、なかなかCTは撮ってくれないのかなと思ってしまいました。
もしかしたら治ってるかも?と思いながら、ただ2か月じっとしているのは、息子にとっては相当のストレスのようです。
今、CTの設備のある別の病院を受診してみようかと考えています。
でも、先生の言うとおり、分離症になったら通常は3か月は安静にしているものなのでしょうか。
腰椎は大切な部分ですので、完治が確認されるまでは運動を再開するつもりはありません。
ただ、治っている可能性があるならば、もっと早くCTで骨の状態を確認していただきたいだけなのです。
他の病院に行ってみるか、このまま今の病院に行くか、悩んでいます。

2017-04-15 10:20:19

違反報告する

質問ナンバー:399

教えて掲示板の回答

堀野明宏

腰椎分離症と言われてお医者様から運動を止められて辛いといった悩みをもつ学生さんが多くいらっしゃいます。運動を頑張りたい子供にとってそれを制止させられるという精神的な苦痛は相当なものになります。ましてや最後の大会が近いなどという事情が重なればなおさらです。
当院では、腰椎分離症と診断された方全て短期間に復帰されています。なぜかというと、分離した骨と痛みは直接的な関係はないからです。骨が分離しているから痛いのではなく、腰椎が分離するような力のかかり方になっているから痛いのです。よって、筋肉の調整を行うことにより、痛みは改善方向に向かっていくわけです。
ただし、質問者様のコメントをみると、分離した骨がほぼ癒合しているとも考えられ、きちんと治癒するに越したことはありませんので、お子さんがいま置かれている状況によって選択が変わると思います。というのも、12歳というと小6でしょうか?大事な大会がせまっていてどうしても出たいのであれば、運動をする方向で考えてくれるお医者さんや治療家のところでサポートを受けながら運動をしてもかまわないと思います。でなければ、しっかりと骨がくっつくことの大切さを説き、やれることだけ取り組みながら治癒のための休養をとることも選択肢になると思います。

2017-04-18 06:18:54

違反報告する

回答ナンバー:4290


長谷川

大人の方で腰痛持ちあり、レントゲンを撮ると分離すべり症という方もいらっしゃいます。そのような方は気が付かないうちに脊椎分離して治らない状態になり日常生活を送っている人も多く、完治するとお医者さんから言われているのであればその指示に従うべきだと思います。
医師の診断が信用できずに 最近ではセカンドオピニオンなどと話しになりますが、医療費の増加はみなさんが考えなければならない事です、無駄に精密検査を繰り返して医療費をかけるのは賢い選択とは言えません。

2017-04-17 15:56:06

違反報告する

回答ナンバー:4289


腰椎分離症は、基本治らないと考えてください。

まだ成長期なので治る可能性は大です。

ここでしくじると一生運動制限になります。
大事をとる事が必須です。
お大事に

2017-04-17 11:57:47

違反報告する

回答ナンバー:4288


腰椎分離症は、基本治らないと考えてください。

まだ成長期なので治る可能性は大です。

ここでしくじると一生運動制限になります。
大事をとる事が必須です。
お大事に

2017-04-17 11:57:46

違反報告する

回答ナンバー:4287


羽山弘一

分離症になって3か月程度安静というのは正しい判断です。早く治ることはありません。
もし途中で運動をして再発すれば、最悪の場合手術以外では二度と治ることがなくなり、運動もままならないということにもなりかねません。
医師の指示を無視して早めに運動を開始した結果、将来が閉ざされた人もいます。
今はじっと我慢して、完治を目指しましょう。

げんき本舗治療院
院長・羽山弘一
http://www.genkihonpo.com

2017-04-17 10:23:49

違反報告する

回答ナンバー:4286