教えて掲示板の質問

「腰痛、股関節の痛み、お尻の痛み」に関する質問

  • 受付終了

canadaさん

2年前からなんとなくお腹周り(前後)の痛みがあり、だんだんと左股関節あたりの痛みに変わってきたので整形外科、産婦人科で調べていただきましたが、異常なしでした。その後、妊娠し、数ヵ月後に痛みが治まり無事去年の11月に出産しましたが、再び、今年の2月に激痛がきて、同じ産婦人科で血液検査等していただきましたが、異常なしでした。その後、整形外科、針治療、内科を受診し、MRI,CT、レントゲンも撮りましたが、異常なしでした。現在は一日の中でも痛みが移動し、両腰、両股関節、両お尻です。原因不明です。授乳中でしたが、もうそろそろやめようかと思っているので、治るのであればいろいろな治療方法を試してみようかと思っています。どうか宜しくお願いいたします。

違反報告

2011年8月16日 00時09分

教えて掲示板の回答

ゆうわ接骨院(気円)

妊娠して痛みが消えたのならばリウマチの疑いがありそうですが内科検診で異常がないならそれは考えなくてもよさそうですね。
見た目骨盤の状態が左右で高さが違っていたり開いているようであったりしていたら骨盤回りの筋力低下で内臓が下垂し圧迫で痛みが発生ということも考えられます。
尿管に問題があれば腰痛にもなります。

違反報告

2011年10月1日 15時58分



これだけ検査を受けて異常がないのであれば、まずは安心ですね。

痛みが移動するとのことですが、どんな時に痛いのでしょうか?

動いた時、じっとしている時?その両方?

もし運動不足を感じていらっしゃるなら、腰、股関節、臀部のこりによるものではないでしょうか。
・大腰筋(だいようきん)、梨状筋(りじょうきん)、腰方形筋(ようほうけいきん)など。

まずは、骨盤や股関節を伸ばすストレッチを始めてみてはいかがでしょうか。



違反報告

2011年8月17日 19時33分


カイロプラクティック全尽堂

調べてみないと分かりませんが、腹膜性の痛みではないかと思われます。内臓下垂など内臓の変位が起きると腹膜が緊張し、腹膜痛を引き起こします。また腹膜の緊張によって知覚神経が刺激されて痛みを引き起こすことがありますし、血管が圧迫されて循環障害を起こし虚血性の痛みが組織に現れることもあります。そのため腹膜の緊張している部分が変わると疼痛が現れる部位も変わってきます。また腹膜の緊張が腰椎や骨盤を歪ませたりもしますので、腰痛や臀部の痛みも引き起こします。妊娠中に痛みが治まったのは胎児の発達に伴って、うまい具合に内臓の変位が取れ腹膜の緊張が改善したのだと思われます。
内臓の徒手的治療が出来る治療院を探されて受診されることをお勧めします。

違反報告

2011年8月17日 17時26分


創健堂整骨院

様々な検査の結果、特に病的なものは無いようですので、腰椎(背骨の腰の部分)のずれが原因であることが最も可能性が高いと思われます。
背骨のずれが原因の場合は、痛みの部位があちこちに変わってしまったり、その強さも一日のうちで変化したりすることがよくあります。

整形外科での検査では、背骨自体の変形や、背骨の間にある椎間板の異常などは注意深く観察されますが、背骨のわずかなずれに対してはあまり注意深く見られない傾向にあります。
また、ずれ(ゆがみ)を指摘された場合でも、牽引療法と投薬で経過観察するというのが一般的です。

切り傷や打ち身は日にち薬という言い方もあるように、傷められた組織はある期間で次第に修復され、やがて治りますが、背骨のずれは放置して治るものではありません。2年前に始まった痛みが妊娠を機会に治まったのは日々の姿勢が変わることでそれにつれて、たまたまとしか言いようがないのですが、背骨の位置が神経を刺激しない(痛みを感じさせない)位置に変わったからと言えます。

ことしの2月に再発したのは、育児、家事等、日々の姿勢の中でまた新たにずれが起こり背骨の間から出ている神経を圧迫するようになってしまったから痛みが出始めたのだと考えられます。

とにかく背骨のずれをしっかりと治してくれるところを見つけて、治療に行かれることをおすすめします。
背骨のずれが原因で出ている症状であれば、正しい治療ならば2~3回のうちに症状の改善が見られるのが普通です。その間に痛みの改善がないのであれば、かかるところが違うのかもしれません。

以上のことを参考にしてください。

違反報告

2011年8月17日 09時35分


再生館

妊娠中痛みが治まったのは妊娠によるお腹や骨盤の変化が幸いしたものと思います。股関節の痛みは仙骨S1、S2の歪みが原因していると思いますので、背骨のT8も胃腸の支配神経とつながりがあります。お腹と骨盤の治療の出来るところに相談してみてはいかがでしょうか。お子さんのお世話と家事などの不安を考えると何とか治したいものですね。頑張ってください。

違反報告

2011年8月17日 08時59分


明智鍼灸治療院、明智美容痩身研究所

明智鍼灸治療院です。少し痛みが長いようですが、そんなに心配いらない痛みだと思います。病名はさておき、治療の原則は筋肉トレーニングが大切に思います。当院だったら、マッサージ、鍼、運動法、マイクロ波、ホットパックなどを行います。テーピングや牽引をおこなうかもしれません。日常生活で筋トレとをおこない、不自然な姿勢をとらないように注意しましょう。精神的なものも影響しますので育児など悩まないようにしてください。ご主人の協力も大切です。お大事に。

違反報告

2011年8月17日 08時24分


大石鍼灸整骨院

東洋医学的にも西洋医学的にも異常がないのであれば、神経性の痛みも考えられます。つまり自律神経や脳からの痛みです。一度心療内科あたりも受診されてはどうでしょうか?

違反報告

2011年8月16日 15時54分


福岡市東区の五反田整骨院

 初めまして!院長の五反田です。

文面から判断しますと、“障害の素”が日常生活の中にあると思います。

夜、就寝中は横寝が多いですよね!

骨盤、股関節に痛みの原因が有ると思いますが、画像診断では異常が出ません。

それは微小な障害だからわからないだけであって、股関節、骨盤には大きな症状となって表現されるわけです。

当院では、スクリーニングテストという方法で確定診断ができます。

 それでは、日常生活指導をさせていただきます。
下記をご覧になって下さい。

 福岡市東区の五反田整骨院(関節治療の専門)
http://www4.hp-ez.com/hp/gotandaseikotuin
→「院長からのご挨拶」
→「非荷重とは?」
→「生理的局所冷却について」
→「健康だより(1)~(4)」
→「プチヨガプログラム」の「(1)骨盤・股関節ポーズ」、「(3)胸腰移行部ポーズ-1」
→「スタッフのブログ・お知らせ」の「健康情報 | 歩行訓練」、「健康情報 立位」、
  「朝の目覚めは良いですか?」

 是非、実行してみてください!
早く改善されることを願っています!

違反報告

2011年8月16日 14時14分


自律神経専門 東海カイロオステ院

今、産後5ヶ月になる方が見えています。その方は、
腰の痛みは腰の骨の歪みです。
股間節の痛みは恥骨の歪みです。
お尻の痛みは坐骨神経痛です。

同じとは限りませんが、骨の矯正が出来るカイロプラクティックをお勧めします。

違反報告

2011年8月16日 13時03分


アジャスト鍼灸院

正直質問文章だけでは判断がつきかねますが、お尻、股関節、腰はつながった関係がありますので立ち方、姿勢も考えられますし、下肢からの疲労による痛みなど文書からはいろいろと考えられます。
まずは痛みの部分がしっかり伸びていること意識しながらのストレッチでもしてみて下さい。

違反報告

2011年8月16日 12時02分


セラピア鍼灸治療院

 診させていただいたわけではないので、あくまで一つの意見としてお読みください。
 神経生理、痛みの生理を研究、実践してきた立場として、構造的な問題というより、筋肉の機能的な問題であると思います。筋痛症というものです。
 腰上部の多裂筋、回旋筋にトリガーポイントができると関連痛としてお腹も「なんとなく」痛みます。
 最近の「両腰、両股関節、両お尻」の痛みも筋痛症の可能性があります。
 鍼灸をお勧めしますが、鍼灸師でも知識、技術はまちまちです。ある鍼灸院に行って痛みがとれなかったから「鍼灸は効果がない」とは思わないでください。その鍼灸師がヤブなだけです。トリガーポイントを消せる鍼灸師に出会えれば、必ず良くなりますよ。

違反報告

2011年8月16日 11時16分